※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第23話 それぞれの朝

あらすじ

 すきやきを食べながら、武藤及川も結局樹先生の媚薬を試しているようだ。そして、及川は武藤から、長谷川さんがお酒を飲まないのは、弱いからではなく酒癖に問題が有るからだと教えてもらう。
 一方、長谷川さんは、樹先生のおつかいで美里の部屋にやって来たらしく、お酒と目録を渡す。そこでバイト雑誌を見つけ、美里と川浜が先輩らしいことをしようとしていることを知る。
 長谷川さんが帰ろうとした時、樹先生のくれた目録を見て、美里が驚きの声を上げる。樹先生がくれたお酒は滅多に飲めないような貴重な酒だった。
 すきやき屋では武藤と及川がすっかり出来上がって、なんだか仲良くなっていた。
 美里と長谷川さんはお酒を奪い合っていたが、結局一緒に試飲することになったようだ。もらった日本酒の味に感動している。
 帰りのタクシーの中、武藤と及川は更に仲良くなっている。
 寮では、古酒を試飲する美里に、酔った長谷川さんが猟奇的に絡み出している。
 翌朝。長谷川さんが目を覚ますと、部屋には男どもがおかしな格好で寝ていた。長谷川さんは記憶が曖昧らしく、あっさり出て行った。
 発酵蔵でも及川が目を覚まし、何故か武藤と裸で寝ていたことに焦っていた。

登場キャラクター

セリフ集

「俺はアンタと違うからな 仲間と楽しく過ごした方が楽しいやんけ」
 -美里薫
「まァ……どちらにしても 人の和を醸すのもまた菌の力だ……」
 -樹慶蔵
「生肉好き?」
 -長谷川遥
「待って待って…… 媚薬のせいだ…… ちょっと待って……記憶はあるけどちょっと待って……」
 -及川葉月

感想

  • ぜいたく中のぜいたくの酒、飲んでみたいですね。そして、結局媚薬は…? -- 管理人
    名前:
    コメント: