女児紅 (じょじこう)

中国語では「女儿紅(ニュウアルフン)」。
もち米を1割増量して造られた紹興酒「加飯酒(ジャアファンジュ)」を長期熟成させたもの。

中国浙江省一帯では、女の子が産まれた時に誕生を祝って贈られた米で紹興酒を仕込み、壷に入れて土中に埋めて貯蔵し、その子が結婚する時に掘り出して振る舞われたり、嫁ぎ先に持参したりしたと言われます。
そのため、元々は15年ぐらい貯蔵されていたようですが、現在市販されているものは7、8年程度のものらしいです。

ちなみに、男の子が産まれた場合に同様にして造られたお酒は「状元酒(ジュアンユエンホン)」と呼ばれます。
「状元」とは古代中国で行われた、官僚になるための試験「科挙」で一位を取った人に与えられる称号です。
息子が状元を取ることを願って、祝いの宴で振る舞うために貯蔵しておいた、ということなのでしょう。
こちらも昔なら20年ぐらい貯蔵されたらしく最高級品でしたが、現在の市販品はやはりもっと短い期間のものが主流です。

History

  • 初登場 - 第34話 守礼の国のお酒 (3巻)

Link