第25話 アンダーウエア

あらすじ

 発酵蔵の完成記念に呼び出される沢木長谷川さん。どうやら完成年の記念ワインを作るようだ。
 蔵の前でブドウの足踏みをする美里川浜を見た長谷川さんは悲鳴を上げる。二人がパンイチで直接踏んだワインなんて絶対飲まないと喚くが、別に水虫じゃないから文句を言われたく無い、と言い返されて少し過剰反応してしまう。
 蔵の中では武藤及川が圧搾機でブドウを圧搾している。
 そこへ足踏みを終えた美里と川浜が、汚れた足のままで中へ入って来た。でも外から入れる洗い場があったようで、外から回って来るよう言われる。他のみんなは蔵の説明を聞きながら中から洗い場へ。
 校舎のエントランスだったところへ行くと、広い洗い場になっていた。
 先生は新品のステンレス槽を自慢する。しかし長谷川さんは床が水平だと文句をつけた。
 槽に入って排水の心配をする女子たち。男子3人はピカピカのステンレスが鏡状態になっていることに気付く。
 結局槽は何も映らなくなるまで金タワシで擦らされる羽目になった。

登場キャラクター

セリフ集

「結城君ならもうじき僕らの前に帰って来るよ」
 -樹慶蔵
「全く輝きが失せるまでこすり続けなさい」
 -長谷川遥
「ああ……高かったのになァ」
 -樹慶蔵

感想

  • 何気なく、くす玉とテープカットがあるのが笑えます。 -- 管理人
    名前:
    コメント: