※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第26話 DRC

あらすじ

 日が暮れる頃になり、やっとステンレス槽に何も映らなくなったようだ。女子たちはワイン発酵蔵に移して、亜硫酸添加を行っていた。
 ステンレス磨きで疲れた樹先生をねぎらって、部屋で休憩することになった。畳のある部屋は分析室兼仮眠室らしい。
 お茶を入れる武藤に先生が春祭終了の夜のことを尋ねる。武藤は激しく動揺するが、先生はお酒の話がしたいだけで、他意は無いらしい。語りが始まった。
 そこへ研究室で夕食を用意して来た長谷川さん及川が戻って来た。沢木は畳に見つけたカビを観察している。
 誰も話を聞いていないと気付いた先生は語りを止め、武藤に発酵蔵のリーダーになるよう言い渡す。サークルを辞めたく無いから、と武藤が断ろうとすると、先生はおもむろにワインの空き瓶を取り出した。どうやら武藤と及川は酔った勢いで先生のコレクションだったDRCのワインを飲んでしまったらしい。
 沢木はまだカビを観察していたようで、美里川浜を使って、畳に残った菌の跡から春祭の夜の武藤と及川を再現していた。
 動揺が頂点に達した武藤は、結局先生の思惑通り発酵蔵のリーダーになってしまった。

登場キャラクター

セリフ集

「いいよ怒んないし みんなの前で言ってごらん」
 -樹慶蔵
「ひょっとしてイラついてんのはあたしだけ……?」
 -長谷川遥
「さァどこのワインだー」
 -樹慶蔵

感想

  • くたびれて腰砕けになったり、涙ぐんで走り去ったりしてる教授が好きです。 -- 管理人
  • 沢木ーーーーーーやめろーーーーーーーーーーーー -- 及川
  • もやしもんサイコー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! -- コシヒカリ
    名前:
    コメント: