第28話 ここに地果て海が始まる。

あらすじ

 雨が降るある日の朝、美里川浜沢木及川に代返を頼んでバイトの面接に行くようだ。
 研究室のテラスで武藤を出迎えた長谷川さんは、出しっ放しにされたバケツと水拭き雑巾を見つける。
 そのバケツの中では、雑巾の上で井戸端会議をしていたカビ達(第17話で武藤に掃除されたカビ達のようだ)のところへ、空からクロストリジウム軍団が降って来て、ボツリヌス3兄弟が降りて来た。
 彼らを交えて過去の事や自分達の事を話していると、今度は合成有機化学物が降って来た。そして、ヒトと環境汚染についてなにやら難しい話が始まった。しかし、そこで武藤がバケツを片付け、菌達は水と共に外へ出られたようだ。
 人間世界へ戻り、沢木と及川も研究室にやって来た。そして、樹先生もやって来た‥が、知り合いの女の子に付き合って美容整形に行ったらしく、ボトックス注射をしてツルツルのプリンになっていた。

登場キャラクター

セリフ集

「菌を嫌ったり頼りにしたりどうしようもないな人間ってのは」
 -菌
「あんたが代返?あいつら本当に友達いないのね」
 -長谷川遥

トリビア

  • タイトルの『ここに地果て海が始まる』というフレーズはポルトガルの詩人・ルイス・デ・カモンイス(Luís de Camões)による有名な愛国的叙事詩『ウズ・ルジアダス(Os Lusíadas=ルジターニアの人々)』の一節。
    原文は『Onde a terra se acaba e o mar começa』。
    大航海時代のヴァスコ・ダ・ガマを詠った詩で、ユーラシア大陸最西端・ポルトガルのロカ岬にある石碑にも刻まれています。

    Eis aqui, quase cume da cabeça
    De Europa toda, o Reino Lusitano,
    Onde a terra se acaba e o mar começa,
    E onde Febo repousa no Oceano.
    Este quis o Céu justo que floresça
    Nas armas contra o torpe Mauritano,
    Deitando-o de si fora, e lá na ardente
    África estar quieto o não consente.
    - ウズ・ルジアダス 第3章 20(Os Lusíadas Canto III XX)-

感想

  • プチ整形後の先生を見た4人の反応が面白いです。 -- 管理人
    名前:
    コメント: