L.エドデス

L. エドデス
学名 Lentinula edodes
レンチヌラ・エドデス
シノニム Lentinus edodes
レンティナス・エドデス
和名 シイタケ
Lentinula
シイタケ属

キノコの一種。椎茸。
日本でもっとも有名な食用キノコです。

以前はマツオウジ属(Lentinus)に分類されていましたが、現在は新たに分離され、シイタケ属に分類されています。

シイタケの子実体から造られるレンチナン(Lentinan)という物質は、抗悪性腫瘍剤として胃ガン患者の治療などに利用されているそうです。

ちなみに、日本で発見されたため、学名のエドデスは「江戸です」から来ているのでは?という俗説があるようです。
でも「食用となる」という意味のギリシャ語から来ているという説の方が有力視されています。

Charactor History

  • 初登場 - 第39話 高く飛翔しない者は大きく墜ちる事も無い (4巻)
    新しく菌連合に加わっていました。

Link