トップ


+2005年度

+2006年度

+2007年度

+2008年度

+2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仕事帰りに鴨スタ行ってきますた。
今日は「哲也」と「ビンゴ」が新台で入った模様。
まぁ座れるわきゃないだろうけど、とりあえず哲也の島に向かってみる。

ところがシナリオ通りにはいかず、
意外や意外、半分近くの台が空いてるではないか(汗)
まさかの空き台に有り付けて 嬉しい反面、
これはどうも・・・前評判ほど面白い台ではなさそうな予感(汗)

データ的に一番マシっぽい台に着席、早速回し始める。


回してすぐ気付く。
コレめちゃくちゃコイン持ち悪いな(汗)
1Kで25G回るか回らないかってトコか?
哲也のメイン子役は3種類のチェリーであり、
勘で3択が当たりまくればコイン持ちは良いが、
こぼしまくれば あっという間にコインが消える。
こりゃ ちょっとのハマりも爆死コースだな・・・。

さて何も引けないままタラタラ回すこと5K。
突然「天運チャンス(RT)」に突入。
どうやら500G周期の天井に到達したヨーダ。
さて この天運チャンス中に3択チョリが成立した場合、
正解のチョリを止めれば玄人チャンス(30GのART)に突入し、
不正解のチョリを止めてしまうと天運チャンス終了(RTパンク)、
正解でも不正解でもないチョリを止めると、そのまま天運チャンスが継続。
・・・ってか ここでパンクさせたら、500Gの天井が まるで無意味かよ。恐ぇえ(汗)

そうこうしてる内に、3択に迫られる。
うーん・・・赤か白か緑か・・・サッパリ分からん!
えぇい、ここでアドリブの利かないヤツは勝てねぇぜ!
ここは俺の好きな色、「緑」じゃいッ!!


これが見事に成功! ベットボタンで玄人チャンス突入!!
ふぃぃ~・・・どうやら今日の俺は冴えてるな。
さっそくRTを消化し始める。
気分的に落ち着いてきた頃、ふと液晶の異変に気付く。

・・・えっ?

・・・あれっ?

残りゲーム数・・・「985G」???

ちょ、おまっwww



オイ蟲、とんでもねぇモン引いちまったようだな!!(滝汗)

 

さてARTは残り約1,000G。
つまり この時点で、次回ボヌスまでのARTが ほぼ確定。
前情報によると、哲也のARTは、1Gにつき+約1枚の増加らしい。

こ、これは・・・1,000G丸々ハマろうモンなら、かなり凄い事になりそうだ・・・(汗)
こういう時に限って即ボヌスを引いてしまうのが蟲クオリティーだが、
今日はアリストの大当たり乱数を引かぬ様、細心の注意を払って回そう・・・。

しょーもない発想に基づき、左手でレバオンしつつ、良い感じにハマる。

約400G回したところでボヌス!! うむ、まぁ上出来!
んでART中のコイン獲得枚数は300枚。

・・・1Gで+1枚って絶対嘘だろwww
ビジ分のコインと合わせて、一撃550枚ほどの出玉をGET。(しょぼっw)

その後は淡々とボヌスを引いたり飲まれたりの繰り返し。
数時間、ひたすら下皿モミモミ。

以下、俺が哲也を打っての感想。

まず前述の通り、コイン持ちが悪い。(体感では、辛いと言われるドリスタ以下)
そしてビジの獲得枚数が240枚程度。
なので、かなりの勢いでビジを引き続けないと、コイン増やすのは難しい。

そして哲也の肝、玄人チャンス(ART)。
これを引くのが想像以上に難しい。
打ち始めた当初は、天運チャンス中にNGのチェリーさえ引かなければ、
とりあえず当たりor継続って事で 何とかなりそうな気はしてたけど、
継続したところで、結局は次回も勘で3択に挑まねばならず、つまりART突入確率は常に33%。
これは現実的に考えると、かなり厳しい。

ビジ中に7が揃うことがあり、その場合はナビが1回以上発生するらしいんだけど、
この7揃いが滅多には出ない。
今日何度かビジを引いた中で、2回だけ7揃いを拝めたが、
結局2回の7揃いで得たナビ回数は、2回のみ。
そして今日俺がARTに突入したのも、最初の勘で当たったの以外は、このナビ有りの2回のみ・・・。
つまり天井1回+ボヌス8回+ART終了後の3回、計12回 天運チャンスに突入したと考えると、
3/12だったという事。 かなり運の要素が強い。

そして肝心要のART。
幾多の困難を潜り抜けて引けたとしても、基本は30G。
名目上は純増+1枚らしいが、今日打った際には、
30G間一度も3択チョリを引けず、コインが全く増えなかった時もあり、
通常時のコイン持ちの悪さを考慮すると、それに見合うほどの爆発力は無い様に思えた。

運が良ければ、玄人チャンス(ART)と天運チャンス(RT)がループする訳だが、
天運チャンス(RT)は けっこうコインが減っていくので、
玄人チャンスと天運チャンスのループだけでは、現状維持が精一杯に思えた。
つまり、哲也で勝つためには、
①ボヌスを6並の確率で引き続け、②1/3以上の確率でARTに突入させつつ、
③ARTとRTのループとボヌスの連打で、ジワジワ増やしていくしかない。

つまり結論。 哲也は6しか勝てない。 それ以外は余裕で死ねる。


・・・なんか打っててホントそんな結論しか出なくて、
ボヌス確率も微妙だし、初っぱな900Gハマッた事も鑑みて、
最後のビジ後、200G回したところでヤメ。

本日の収支:投資5K、回収16K、収支+11K。

何だかな・・・
投資も少なく、かなり薄いトコを引き、それなりにボヌス引けた割には、
リターンが あまりにも少なく思えた。

さて哲也の出玉性能面について感じた事は上記のとおりだが、
今度は打ってて実際に感じたこと。(特に演出面)


哲也だけあって、通常時には とにかく麻雀対決に発展しまくる。
しかし ここで解せないのが、
哲也の対戦相手が、なぜか「ダンチ」。


・・・おいおい、ダンチっつったら哲也の相棒だろ?(汗)
しかも しばしば哲也の足を引っ張る、雀士としては イマイチのキャラ。

そのダンチを相手に、和了(アガ)ることができず、
流局ばっかりの哲也。 何だかなぁ・・・。
作った人、ちゃんと原作読んでるんだろうか?

もうちょっとさぁ、ドサ健とか ドラ爆の獏(だっけ?)とか、
哲也の対戦相手として相応しいキャラが ナンボでも居るような。
しかも何故か、房州さん相手の方が勝ちやすいし。
房州さんっつったら、哲也の師匠だろうがw

どうせなら、対戦相手がダンチなら、勝ち確定のプレミアとかの方が良かったと思う。


それと演出の発展経路。

これがほとんど3択チョリか、もしくは3択チョリのこぼし目から発展する。
しかしチョリからの同時抽選期待度は めちゃくちゃ低く、
しかも演出自体が発生しまくるから、せっかくの麻雀対決が ほとんど期待できん。
そんで連続演出中、リーチ目かリプ連が来ないと、ほぼ種ナシ。

チョリから発展でハイワロ、対戦相手がダンチでハイワロ、リーチ目否定でハイワロ、リプレイ揃わずハイワロ。
つまり俺に言わせりゃ、せっかくの演出が完全に死んでるんだよね。


まぁこれから大勢が打つ事になると思うから、ハッキリとは言えんが、
俺が次回哲也に触る時は、よほど設定良さそうな台が空いてない限り、
まず座る事はないと思う。

まぁ・・・



ダイナマイトに期待だなw

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル