トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハイ鴨スタ行ってきますた。
ここんとこボロ負け続きで、財布が大変な事になっている。
今日は是が非でも勝って、名古屋への足掛かりを掴みたいところ。

さて入店後、いつものようにリンかけの島に向かうと・・・

1台ごっつい出とるーーーー!!!(汗)

すげぇな、出玉は既に5箱OVER。 データを見たら、殆どが1~2粒。
まさか こんな普通の日に、いきなり6を使ってくるとは・・・スタの店長は食えん(汗)

さて1台噴きまくってる一方、他の台は当たり前のように地獄絵図。
まぁ等価で6入れたら、店としては、当然 他の台で抜くしかない罠。
目の前の光景も、当たり前っちゃ当たり前の成り行きか。
バケさんには申し訳ないが、やっぱ こういう状態でリンかけは触りたくない。
仕方なくマーベルの島へ。

こっちも・・・微妙だな~。 早くも客飛んでるし(汗)
空き台の中で、一つだけ俺の目を引く台が。

総5497G、BIG24回。
むむぅ・・・素人ながら、何となく良さそうな気が。
とりあえず設定判別ツールにデータを入力してみる。
結果・・・

設定6→34.44%
設定5→25.38%
設定4→17.66%


ぬをを・・・これ来たんじゃね!?!?(汗)
でも たかが機械の情報を鵜呑みにするのも如何なものか。
あくまでも総回転数とBIG回数だけで算出した、超簡略化された判別だからな。

でも・・・これがもし6だとすると・・・
マーベルの6は、リンかけと並んで、5号機トップクラスの割だからな。
これを打たずに6だった場合は、計り知れない損失っ・・・!
えぇい、迷わず打てよ! 打てば分かるさ!!


~1時間後~


20K投資して、ビジどころかXゲートすら1度も引けず、1200Gハマッてヤメ orz
ハハ・・・まぁ こんなこったろうとは思ったけどね。
つぅか何だよこの台。 当たりは重いわコイン持ちワリーわ、とても5号機とは思えん。
何より、(そろそろ高確かな?)ってところで引く、リ・ベ・ベの腹立たしさ・・・
はっきり言って、20K払って、ストレスを買ったような気持ちだ。
親切に教えて頂いた方々には悪いが、以後マーベルは俺の立ち回りリストから外す事とする!!

 

さて初っぱなから20Kの負債を背負い、早くも青息吐息。
5号機は 出足をミスッた時点で、ほぼ回収不可能なところが恐ろしい。
正直言って、もはや今日勝てる気がしない。

早くも頭おかしくなって、今更ゲッターマウスを初打ちしてみる。
サンドに1K入れ、遊戯開始。

座って3ゲーム目。
ペシペシとリールを止めると、突然リールが 再始動を始め、
そして目の前で勝手に7・7・7が揃う。



・・・・はぁ?????(汗)


訳の分からんままボヌス消化。
ビジ後 暫く回していると、今度はリールにチェリーが止まったのに、払い出しナシ。
・・・と思ったら、次ゲームいきなりボーナス確定。



・・・・えっ???(汗)

かと思えば、ペシペシと順押ししたら、左リールが止まる前に 先に中リールが止まり、
そうこうしている内に 左リールが回り続け、勝手にチェリーまで滑って停止とか。



・・・い、意味が分からん・・・(汗)


頭を傾げながら回しつつ、この不可解な現象について考察してみる。

つまり こういう事か。
ゲッターマウスのメインリールは、実は 青ドンと同じく、あの「ちっさいリール」か。
そしてメインリールっぽい 大きいリールが、青ドンでいう「液晶」みたいなモンか。
だから 大きいリールで いくらチェリーを狙ってても、ちっさいリールでこぼせば絶対に揃わないし、
逆に 大きいリールを適当に押してても、ちっさいリールで4枚役を引いてれば、勝手にチェリーまで滑って止まる、と・・・。
初っぱな勝手にリールが動いて7が揃ったのも、きっとちっさいリールで、赤絵柄が揃ってたんだろうな。
ふむぅ・・・アルゼも試行錯誤したんだろうけど・・・いかにも こちゃが好みそうな台だw

その後レジ、ビジと引いて、飲まれたところで 静かに席を立つ。 -1K。

さて こうなってくると、いよいよ どうでも良くなる。
(どうせ何打っても負けるんなら、素直にリンかけで負けたら良いんじゃね!?)的な発想に至り、
適当な空き台(設定-5ぐらい)に座って、遊戯開始。
まぁ回せば何とかなるさ。 何とかな・・・

・・・る訳もなく、一瞬にして9Kが溶ける。
アイタタ、やっぱ これじゃダメだ(汗)

ここでふと、背面のリンかけが空く。
この台、さっきの前任者が、RT連で一撃2,000枚出してた台だ。

データだけ見れば低設定っぽいが、俺の経験上、リンかけの1のマグレ噴きで、2,000枚は絶対に出ない。
まぁ少なくとも、今打ってる台よりゃ 数段マシだな。 っという訳で移動。


移動後5K目。 総投資額も35K、いよいよヤバいと思ったところで、「佃の渡し」発生。
クソ寒い「黒チェリー」で、しかも地味な演出だが、実は瞬間期待度80%を超える、超激アツ演出である。
これが見事にボーナス、同色BIG。

そのRT中、チャ~ンスが発生。
中押ししたら、普通にチェリーだったので、左に黒い固まりを押してパンク回避。
すると菊姉のアップになり、試合へ。(おそらくRT中、最も期待度の薄い演出)

次のゲームでチャ~ンス発生、何となく中を止めると・・・菊姉が中段止まり!?!?
この「ハァ!?」っていう一瞬こそが、リンかけの宝。
まさかこんなハイワロ演出で当たるとは・・・リンかけならでは。


さてビジ2発でRTが終わり、再び通常ゲームへ。
淡々と回すこと200G、久々に「ドシューン・・・・!」

順押しか中押しか逆押しか迷ったものの、素直に順押し青チェリー狙い。
次の瞬間、「ずるぽぉぉぉおおっっっ」と滑って、赤7が中段にズドン!!
ほ・・・ホァァアイ!! リンかけで最も気持ち良い瞬間!!
俺はこの瞬間のためにリンかけを打ってると言っても過言ではないッ!!(涙) これが異色ビジ。

さてRTも終わって、またも200Gほど。
人影演出で、左上段に赤7がヌルリ。 この時点で剣崎が登場。
まぁ普通ならハイワロなんだが、一応699イチさんのアドバイス通り、右下段に赤7をビタ押ししてみる・・・と・・・。

「ズドォン! このリングに賭けるッ!!」

ほわっ・・・気持ち良いィィーーーッ!! そのまま赤同色を揃える。

っていうか人影演出第1停止剣崎から、その後どんな演出で当たってたんだろうかw
フラグ察知は早いが、その後の演出見れないのは残念だな。

さてRT200Gをスルーするも、更にブン回す。
しかし無情にも500Gハマリ。

(そろそろ止めようかな)と思っていると、

「おい竜、良いモン引いたじゃねぇか!」

ぬぅう・・・これで当たった記憶 ほとんど無いんだよな(汗)

一応青チェリー狙いしてみると、竜児絵柄が下段ビタ止まり。
・・・って えぇっ!? スイカがおらんぞ(汗)
そのまま竜児が斜めに揃って、白同色!!(゚∀゚)

RTが終わったところで閉店1時間を切ってたのでヤメ。


総投資35K、回収23.6K、収支-11.4K。(集計用:リンかけのみは+9.6K)


うーん・・・最後のリンかけは面白かったものの、普通に負けたな・・・。
やっぱ5号機は難しいわ。
4号機の頃は(世の中狂ってる)と思ってたが、今となっては めちゃ甘い時代だった気がする・・・。

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|