トップ


+2005年度

+2006年度

+2007年度

+2008年度

+2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆7月26日(木)の日記

本日も藍ミリでイミソを打つべく、チャイムと同時に職場を飛び出す。

最近早苗さんに裏道を教えてもらったんだが、この道を通れば、
鴨島まで一つも信号に捕まることなく、一気にバイパスまで出れる。
何で今までこの道使わなかったんだろ?
もっと早くに教えてもらってれば、鴨スタ行くのとか、どれだけ時間短縮できてたことか・・・。
という訳で、今日もその道を爆走しつつ、とりあえず鴨島を目指す。

さてこの裏道、非常に快適なんだけど、最後大きな道に突き当たる手前に、
とても道幅が狭くなってる箇所がある。
普通乗用車2台がギリギリ対向できる程度の幅。
左側が田んぼに面しており、踏み外そうものなら1m下まで落下という、
非常にデンジャラスなゾーンである。

この道を使うのは今日が2回目で、初めて通った時は対向車も無かったから容易に通れたんだけど、
今日はやたら対向車が多く、ちょっと進むのにも かなり困難を極めた。
ぬぅぅ・・・一刻も早くイミソを打ちたいのに。
仕方なく、まだ道幅がマシな部分に停車し、対向車をやり過ごす。

それにしても、何でどいつもコイツも突っ込んでくるかな。
ちょっと先には広い場所があって、そこで待っててくれれば簡単に対向できるのに。
ホント徳島のドライバーには譲り合いの精神が皆無だな・・・イライラ。

何台か車をやり過ごしたあと、俺は目を疑った。
えぇえ!? なんか大型のトラックまで突っ込んできてるぞ!?
対向できんのかコレ!?(汗)
ハラハラドキドキする中、トラックは俺の横を、無理矢理対向しようとする。

くっそ~、愛車擦られでもしたらスロットどころじゃねーぞ(汗)
うぅむ、仕方ない。 左に目一杯寄せてるけど、あと まだちょっとなら寄せれるかもしれん。
更にハンドルを左に切り、恐る恐るアクセルを踏んでみる。 次の瞬間だった。

「ガコンッ!」


ひぃぃぃぃっ!
だ、脱輪してもーた!!!(汗)

い、いや、うろたえるなッ!(汗)
鴨島町民は決してうろたえないィィィッ!!!(滝汗)

 

落ち着け・・・素数を・・・素数を数えるのだッ!
素数は私と同じく、孤独な数字・・・素数を数えて、気を静めるのだッ!

2・・3・・・5・・・7・・・


精神を落ち着け、ハンドルを切り直す。
ギアをバックに入れると、慎重にアクセルを踏んでみる。


「ギュゥゥン、ギャルギャル、キュキュキュ・・・」


あ゙ぁぁっ! ダメだ! タイヤが空回りしとる!!(汗)


そそそ素数、素数を数えて落ち着くのだッ!

11・・13・・・17・・18・・・いや、18は素数じゃないッ!
おおお落ち着け、私はパニックを知らない生き物なのだッ!


もう一度心を静めて、ゆっくりとアクセルを踏む。


「キュルキュルキュル・・・」


しかし聞こえてきたのは、タイヤが虚しく空回りする音であった。 もうだめぽ ○| ̄|_

諦めて車を降り、JAFに電話してみる。


俺「あのぅ、脱輪してしまいまして・・・場所は鴨島町の○×付近です。」

係「それでしたら 現場までどのぐらい掛かるか確認して、もう一度ご連絡致します。」

俺「とても狭い道なんです。 他の方に迷惑なので、できるだけ早くお願いします。」


電話を切ると、改めて愛車の惨状を確認する。
左前のタイヤは おもっくそ踏み外し、田んぼ側に落下。
方や右側後方のタイヤは、哀れにも宙に浮いている。
愛車の変わり果てた姿に、ただただ呆然と立ち尽くす。

そうこうしている間にも、続々と対向車や後続車がやってきて、
俺の愛車の横をすり抜けてゆく。

皆一様に、車の中からこの俺を、奇異の目で見つめる。

(あらあら可哀想に・・・)

(きっとギリギリまで車を寄せようとしたんだろうねぇ)

(プッ、こんなトコで脱輪してんじゃねーよw)

(オイオイ迷惑だろうよ。カスが!)


哀れみ、同情、嘲笑、侮蔑・・・
そんな彼等の心の声が聞こえてくるようで、俺はその場に立っているのがやっとであった。
対向車の冷たい視線に晒される中、ようやくJAFから電話が掛かってくる。

俺「もしもし!? あとどれぐらいで到着します!?」

係「えぇと・・・石井町からの出動になりますので、早くてあと30分ですね。」

俺「さ、30分!?(汗) もうちょっと早くなりませんか!?」

係「無理ですねぇ。 急いで参りましても、30分以上は掛かるかと。」

俺「そ、そうですか・・・よ、よろしくお願いします。」


ガックリと肩を落とすと、途方に暮れる。

ちくしょう、JAFめ・・・! ここ数年、事故ったこともないけど、
それでも有事に備えて、毎年高い会員料払ってるのに・・・
こんな大変な時に、今からまだ30分以上掛かるって!? 金返せドロボー!!(涙)


脱輪した者の せめてもの罪滅ぼしとして、愛車の横に立ち、交通整理をする。

俺「はい、ハンドルをもうちょっと左です。 あ、そのまま真っ直ぐで! OKです!」

ちくしょう、何だってこんな目に・・・今日は厄日だ・・・。
今までにこんな屈辱的な経験があったろうか?
もう嫌だ。 こんな状況、もう耐えられないっ・・・!(涙)

その時だった。
近所の民家から息子を引き連れ、ジャッキを片手に オジサンが飛び出してきた。

オジサンは迷うことなく1m下の田んぼに飛び降りると、ジャッキをタイヤにあてがい、回し始める。


オ「うぅ~む、やっぱ高さが足りんか。 オイ息子、ブロックと板、あるだけ取ってこい!」


息子に的確な指示を飛ばしつつ、クルクルとジャッキを回す。

我に返ると、俺は言った。

俺「あのぅ、もう結構です。 JAFも呼んでありますし、もうすぐ来てくれると思いますので。」

オ「うぅむ、ジャッキがうまくはまれば、持ち上がると思うんだけどねぇ。」

俺「いやいや、車が落ちてきたら危険ですし、赤の他人に こんな事させられません。」

オ「まぁまぁ。 困った時はお互い様!」


オジサンは俺の制止を聞かずに、息子と あれやこれやとブロックを積んでいる。

ふと気が付くと、田んぼの中は蚊だらけ。
視認できるだけでも20匹以上の蚊が、周りをウヨウヨと飛び回っている。
オジサンも息子も半袖半ズボンだから、あっという間に蚊が集り、既に何ヶ所も刺されている。


俺「ちょ、蚊が居ますよ! もうホントお気持ちだけで良いですから!」

オ「いや、農家だから蚊は慣れてるよ^^ それにしてもジャッキがはまらんなぁ・・・。」


うぅっ・・・。


俺は2年前の ある日のことを思い出していた。
ある日の夕方頃、突然 友達から電話が掛かってきた。


友「むっし~、石井の農道で脱輪してもーた。 助けに来てくれん!?」

切羽詰まった友達に、俺は こう返事した。


俺「いやぁ~スマン、今仕事で県外なんだよ。 だから無理!」

俺は電話を切ると、そのまま部屋でオナニーをした・・・。


何なんだよ俺は。 最低最悪のクズ野郎じゃねぇか。
それに引き替え、この親子は何だ?
赤の他人の俺のために、危険を顧みず、蚊に刺され、滝のような汗を流しながら、
必死に車を持ち上げてくれようとしている。
俺は今までこんなに感動した事がない。
泣きそうになるのを、ただ必死で堪えるだけだった。

作業から10分ぐらいが経過した。
やはり1mの高さが邪魔をして、うまくジャッキが収まらない。

オ「う~ん、やっぱ無理だねぇ。 男手が4~5人あれば、持ち上がるとは思うんだけど・・・。」

俺「いやいや、ここまでやってくれただけで もう十分です。 あとはJAFの到着を待ちます。」


しかしその時、奇跡が起こった。
対向車の1台が車を停め、中から運転手が降りてきた。


男「俺も手伝いますよ。」

犬の散歩中のオッサンも、田んぼに飛び降りてきた。


オ「ワシも手伝うよ。」


すると それまで素通りしていた対向車や後続車から 次々と人が降りてきて、
みんなワラワラ田んぼに飛び降りてきた。

皆「これだけ居れば持ち上がるよ! みんなで持ち上げよう!!」

俺「み、皆さんっ・・・!!(涙)」


男7~8人が車を取り囲み、かけ声を上げる。


皆「それ行くぞーっ! オーエス! オーエス!」

徐々に持ち上がる車。


皆「オーエス! オーエス!」

徐々に左前方が持ち上がり、そして宙に浮いてた右後方のタイヤが、ついに地面に接地した。
それは今までの人生で、俺が最も感動した瞬間だった。


皆「兄ちゃん、良かったね!」

俺「皆さん、ありがとうございます! 本当にありがとうございます!!」


俺は深々と頭を下げると、一人一人にお礼を言った。
みんな手を振り、その場を立ち去って行った。

俺は車を広い場所まで動かすと、JAFに電話して、先程の民家にお礼に行った。
庭で先程の親子を見つけると、頭を下げて礼をする。


俺「本当にありがとうございました。 見ず知らずの僕のために、あんな親切にして頂いて・・・。」

オ「良いってことよ。 困った時はお互い様^^」

俺「あの、これ少ないんですけど、感謝の印です。」


財布から1万円札を抜くと、オジサンに差し出す。

オ「あっはっは、要らないよw」

俺「いえ、どうしても受け取って下さい。 僕あんなに感動したの初めてで・・・」

オ「いいからいいから。 また困ってる人が居たら、助けてあげてね。」

俺「オジサン・・・!(涙) 分かりました! いつか僕も必ず、人のために努力します!」

オ「ははは、それじゃあね。」

俺「はい! 本当にありがとうございました!!」


俺は車に戻ると、エンジンをふかした。

とても眩しい親子だった。
あの絶望的状況下で、二人が神に見えた。
何て親切な親子だったろう。

そして俺は、いつからこんなクズ人間に成り下がったのだろう?
人と関わるのが苦手で、なるべく他人とは喋ろうともせず、
目線も会わせない様な、卑屈で矮小な人間になってしまった。
面倒事に首を突っ込むのが嫌いで、困っている人が居ても、それが友達だったとしても、
平気で見て見ぬフリをしてしまう、そんな性根の腐った人間。
いつから俺は、こんな最低なヤツになってしまったんだろう。

でも目が覚めたよ。 本当に改心した。
あの親子の温かさに触れ、俺は生まれ変わる事ができた。
今の俺ならあの親子のように、他人のために、迷うことなく田んぼに飛び込めるだろう。

ありがとう名も知らぬ親子よ。 そして手伝ってくれた運転手達よ。
俺は頑張る。 これからは他人のために生きる。
今日をもって生まれ変わる。 俺は成長したんだ・・・!!









その後藍ミリに行き、イミソで-17K。

全然成長できてない俺であった _| ̄|     ○

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|