トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

青ドンを初打ちすべく、仕事帰りにマ○サン行ってきますた。
まぁこの店なら余裕で座れるだろうと思いきや、
意外や意外、青ドンどシェイクの島だけ満席ジャマイカ(汗)

青ドンが5台に、シェイクが6台導入された模様。
青ドンに2台、シェイクに1台、それぞれ高設定らしきデータの台がある。
しばらく待っても空く気配がないので、リンかけに着席。
当然のように-6K。

ふと振り返ると青ドンが空いてたので、ダッシュで確保。
全5台中、2番目に出てない台か・・・まぁ普通に設定1だろうな。
でもまぁ、ここはカリスマスロッターとして、初打ちの報告を書かねば。
長文のネタのためなら 出費も辞さない、それがカリスマスロッター蟲!


さてさて 筐体は、巨大な液晶に小さなリールというデザイン。
最近のアルゼの定番だな。(あまり好きではない)
サンドにカードを差し込み、モチモチと回し始める。


アルゼか・・・。
一時は スロ業界の頂点に君臨していた、トップメーカー。
しかし液晶が開発され、AT機やストック機が世に出始めると、
どんどん時代に取り残され、更にサミーや大都の台頭を許し、
今やクソ台を乱発するだけのメーカーと成り下がってしまったアルゼ。
すさまじい凋落の最中、ミリゴなどというふざけた台を開発してしまい、
お上の怒りに触れ、4号機時代そのものを終わらせた罪はあまりに大きい。
以前の俺ならいざ知らず、今の俺は、このメーカーに何ら期待はしていない。


・・・しかし俺は知っている。
確かに液晶の使い方や演出は下手だし、ゲーム性はクソだが、
リール制御や豊富なリーチ目、奥の深い遊び方など・・・
そういう点では、アルゼに匹敵するメーカーはない。
アルゼが浮上するとすれば、5号機時代が訪れた、まさに今。

さぁアルゼ! 今こそ王者の貫禄を見せてみろ!
かつてパチスロ業界を牽引したその力、存分に発揮せよ!!

 

さて打ち始めてさっそくハマる。
前任者と合わせて、現在500Gほどか。
前回のボヌスも900Gで当たってるし、まず低設定だろうな。
でも今後 最も打つ機会が多いのは、やっぱ設定1だろうし、
1でつまらなければ、これから打つ折も、ずっとつまらないという事。
1を耐えられなきゃ 今後も打てない機種って事だし、これもやむを得まい。
今日は純粋に、青ドンの面白さを測ってみよう。


さて順調にハマるものの・・・
意外と、あまり苦痛は感じない。
コイン持ちも良いし、ハサミ打ちだと結構楽しめる。
これは良い兆候だ。

しかし・・・毎ゲーム小役狙いしてるものの、全然レア小役来ないな(汗)

投資10K。 DDTが面倒くさくなって、適当に打ち始めた途端、
突然左リールに3連ドンちゃん「どーーーーん!!!!」
うほっ、ビビッた。 これがそのままドンちゃん揃って、初BIG。


音楽はどうやら従来のHANABIシリーズと同じ様だ。
俺この音楽好きなんだよな~。
小さい頃の、祭りの後の切なさを思い出させる。 名曲だな。
BIG終了。 さて持ちコインもできたし、引き続き青ドンを堪能いたしましょうか!


ところがサクッとビジ分のコインが飲まれる。
そして再び追加投資開始。 ぐむむ・・・。
こうなりゃ低設定に全ツッパじゃい!!!

 

再びハマり始めたものの、それなりに楽しい。
俺は勝って楽しい機種よりも、負けても楽しめる機種の方が大好きなのだ。


さてさて、そんな青ドンに物申すならば、ただ一つ。
青ドンに限った話ではないが、俺は「小役重複当選」というシステムが嫌いだ。
めっちゃ嫌いだ。
ストック機じゃあるまいし、何で小役に特別な意味合いを持たせようとするのか。
どうも北斗が世に出てからというもの、2チェだのスイカだのが 持て囃される風潮がある。
まぁそれだけ北斗の2チェは衝撃的だったという事か。

しかし俺は、小役が揃って 次ゲームボーナス確定するよりも、
小役がハズレて、リーチ目が出てほしい。
例えば、(この目は氷かリプ確定だな)って場面で、
そのまま氷が揃って喜ぶよりも、氷もリプも蹴られて、リーチ目が降臨して欲しい。

5号機は、出る台出る台 太鼓判押したように重複当選システムを採用してるけど、何故だ?
不勉強だから 多くは知らないけど、重複当選ナシの機種もOKだよね?
初代エヴァがそうだったように。
エヴァもまぁまぁ好きだったんだけど、あれは赤7DDTするのが楽しかったんだ。
左リールにチェリーが出て、右リールでチェリー否定した時の喜び。
あれがチェリー重複当選の機種なら、ただのクソ台だったと思う。

だから青ドンは、独立抽選であって欲しかった。
サミーや 他のメーカーならいざ知らず、アルゼは・・・
そしてHANABIだけは、世の流れに逆らって、独立抽選で行って欲しかったな・・・。


さて その小役同時抽選だが、ことごとくハズレまくり。
中段チェリーが出ようが、氷が出ようが、余裕でスルー。
挙げ句の果てには、斜め氷を2連続ヌルー ○| ̄|_

やべぇ、そろそろ当たる気がしなくなってきたぞ・・・(汗)

追加投資6K入れた辺り、再び600Gほどハマッた所で、ようやくボヌス。
はぁはぁ、これ飲ませて帰るか・・・。
まぁそれなりに面白いという事は分かった。
高設定に座れたら、かなり楽しめる筈。
今日はそれが分かっただけでも収穫だな。


ところがそこからスイッチが入ったかのように、クレジット内で連チャン開始。
ビジのみ5連チャンして、一気に1箱+下皿サラ盛り。
こりゃ予期せぬ土産だとばかりに、ビジ後即ヤメ。

投資22K、回収31K、収支+9K。

青ドン初打ちにして、めでたくショボ勝ちでございます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|