トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○6月8日、鴨スタにて。

さて前述の通り、ここ2回、俺的には めちゃくちゃ真剣に立ち回ったつもりだ。
その上での敗北。
俺はこの事態を重く受け止めた。
どうやら俺は、5号機に対する認識を 改めねばなるまい。

例えば朝イチ、5号機の設定6をツモったとして。
閉店までブン回して、確率通りにボーナスを引けたとする。
その上での期待収支が、2万~3万の世界。

ならばもう多くは望むまい。
俺が打ち立てる立ち回りとは、なるべく設定高そうな台に座り、
たまたま連チャンして、ある程度のコインが確保できれば、即コインを流して帰る。

これだっ!!
1万ぐらい浮いてる瞬間なら、日に何度か訪れる。
その時点で、それ以上の勝ちを望まず、素直に流して帰る。
1万程度のマグレ勝ちを積み重ね、ジワジワと収支を上げる。
これこそ俺の掴んだ5号機の必勝パターン。
「塵も積もれば山となる」打法!!


そんな訳で、勝ったら即離脱の覚悟で入店。

まずは新台ブルースリーで、
総5257G、ビジ21、レジ5という台を発見。
まぁ確率的には6だな。
でももう騙されない。 データだの確率だの、気休めにしかならない。
勝ったら即帰る。 それが俺の立ち回り!!


さて、座って3Kでミドルボーナス。
飲まれて追加1Kでレジ。
飲まれて追加1Kで再度レジ。
飲まれてヤメ。

だぁぁっ、ダメだっ! 設定だの勝ちだの負けだの抜きにして、この台は酷い!
サッパリ訳が分からんっ!!
アツそうな演出が来ても かすりもしないし、
逆に 演出無しで、偉い小役が揃ったり。
もはや液晶が何の役割も果たしていない。
5号機全般に言える事だが、何でこう意味不明な機種ばかり出るんだろう?
システム的には、ジャグ等の純Aと そう大差ない筈なんだが。
でも5号機は、打つ台打つ台、訳の分からん台が多すぎ。
何故もっとシンプルな台が出ないのか?
つーか パチスロメーカーは、こんな台がウケると思うのか?
こんな意味不明な台がヒットして、売り上げが伸びるとでも??
演出もゲーム性も会社の意図も、全てが分からん。


という訳で、ブルースリーの評価:★★☆☆☆

お次はスパイダーマンの島へ。
やっぱアレだな。 俺は勝つ事よりも楽しむ事に重きを置いているから。
つまんない機種で勝つよりは、面白い台で散りたい・・・。

何となく、よく設定が入ってる隅っこの台へ。
朝から100Gほどしか回されてない。 まぁ打てば分かるさ。

これが2KでBIG。 RT中にミドルボーナス。
RT後、100Gほどで再度ミドル。 RT中にミドル。
RT後、100GほどでBIG、RT中にミドル。
うぉぉ・・・良い感じ良い感じ♪


さて、ここである問題が 早くも頭を擡げる。

俺は粘るべきか? それとも今すぐ止めるべきか?

うぐぐっ・・・分からんっ!
MBボコボコ引けるし、そう設定は悪くはなさそうだ。
でも設定が高いという保証は何処にも無い。
というか、仮に設定が高くても、勝てるという保証は全く無いのだ。

5号機で難しいのは、俺は攻め時よりも、「止め時」だと考える。
ストック機みたいに、例えばボヌス後128Gとか193Gとか、明確な止め時があれば、
迷うことなくスパッと止めれるのだが。
5号機は どこで止めても期待収支が同じな分、とにかく難しい。
特に俺のような、優柔不断な人間にとっては。


結局、ダラダラと打ち続ける。
止める理由がない以上、止める必要もない・・・という結論に達したからだ。
止める理由が欲しい。 自分に対する言い訳さえできればっ・・・!

400Gハマッてヒヤリとするも、ミドル→BIG→ミドルと繋がる。

っていうか、ミドル引きすぎ(汗)
そんなに打ち込んできた訳じゃないけど、過去BIGに偏った記憶なんて殆ど無いぞ(汗)

現在 出玉は、1箱カチ盛り+下皿カチ盛り。

う~む、今勝てば確実に快勝だな。
しかし・・・止める理由がまだ見つからない。
えぇい、続行!!

5号機の辛いところは、打ち終わった後に必ず、
「あぁ、あの時止めておけば・・・」と思うところか。

結局昨日のMAXは、あの瞬間だった。

その後は下皿飲まれてBIG。
更に500Gハマッてミドル。

残りコインを流してヤメ。 +10.8Kにて終了。

総2327G、BIG4、MB7。
まぁ2300Gやそこらで、設定なんぞ分かる筈もない罠。
ただ一つ言える事は、時間さえあれば、俺はコイン飲まれるまで打ってたって事だ。


やっぱ5号機は難しい。
設定読むのも、攻めるのも、止めるのも、全てが難しい。

勝ったけど・・・またしても5号機の難しさを体感した一日であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|