トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4月8日の報告

前日スタで手痛い敗北を喫し、人生に疲れて石プーへ。
入店して、まずはイベントを調べてみる。 さて、本日のイベントは・・・・

で、出たァァーー!(汗) 「フ ァ ン 感 謝 デ ー」

今までありとあらゆる店のファン感謝デーなるモノを見てきたが、
未だに店が、客に 感謝しているトコを見た事がない。 やれやれ、今日は厄日だな・・・。

店内巡回すると・・・客居ねェェーー!! イベント機種の鬼武者・吉宗・銭形でさえ、人影は まばら。
打ってる人達も、黙々と現金投資中。 まさに阿鼻叫喚の地獄絵図。
ファン感謝どころか、客の怨嗟の声が聞こえてきそうな雰囲気に すっかりビビる。

しかし わざわざ石井くんだりまで来て、手ぶらで帰る気は毛頭ない。
南国の朝から3連>単>2連>単>450G止め という台にタバコを投げ込み、勝負開始。

まぁ こんだけ客が少ないと、設定6なぞ入れられる訳もないが、あわよくば1台位は・・・
という甘い期待を胸に、打ち始める。
しかし そんな俺の期待を見透かしたかのように、いきなりスッコーーンと仮天まで連れてかれる。
しかも997Gで俺を待ち構えていたのは、「バー単発」 _| ̄|○
ぐぁぁ、こりゃマズい。 既に投資は20K。 早くも途方に暮れる。

しかし南国という魔物が、一瞬だけ俺に微笑んでくれたヨーダ。
50Gほどで、バケ分のコインで「キュイン♪」 よっしゃぁああ! 俺はまだ死んでねぇ!!

→「バー単発」 _| ̄|○ <やっぱり死にました

レジ分のコイン飲ませて止め。 -20K。
(後で見たら、そこから更にレジの4連単食らってたので、結果的には正解)

ここから蟲の、自分探しの旅が始まる。

 

次に俺が迷い付いた先は、北斗の島。
客が居なさすぎて、設定が高いのか低いのかさえ全く不明。
殆どの台が、朝から大当たり0回、現在50回転とか、そんな目を覆いたくなる惨状。
そこで俺がチョイスした台は、朝から初当たり4回、履歴は
朝30Gで12連、200Gで単、40Gで単、300Gで単という台。

朝イチ早いトコで食い付いてるトコと言い、3度目の初当たりも浅いトコと言い、
どうも前日の上げ&高設定を匂わす挙動(まぁ初当たり4回で 設定もクソも無いが)。

己の勘を信じて着席、打ち始める。
これが 座って5Gほどで、レバオン赤リンゴ1個から、2チェモギり。
(これが入ってたらなぁ~)等と淡い期待をしながら回してると、いきなり
「待っていたぞケンシロウ」 ホォォイ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
俺の引きも、まだまだ捨てたモンじゃねぇ!!

ただし、このBBは、慎重に消化しなければならない。
現在投資21K、更に昨日の負け額78Kを考えると、予断を許さぬ状況。
ここから先は、BB1回1回が、命取りになる。
ここで万全を期す為に、早くも最終奥義「蟲想転生」を繰り出す。

―――説明しよう、蟲想転生とは、一度読んだ他人のオカルト打法を、自分の物とする究極奥義なのだ!


BB1回目。 アタ、アタ、ホーワッチャー! プシュー! 「ここだァッ!!」
画面下から 白い煙が吹き出した瞬間、ボタンから指を離す!

こっ・・・・この動きは・・・・コルト!?

そう。 初っ端から「超コルト打法」を繰り出し、いきなり勝負を掛ける俺。
大丈夫、俺にはコルト師匠が付いてる!!
タイミング・力具合共、蟲想転生により、完璧! これが単発で終わろう筈もないッ!!

しかし初っ端からミカンを放つラオウ。 あっさり食らって「バシューーーン!」


おのれっ・・・・! 謀ったな、コルトぉォォーーーーーッ!!!(涙)

気を取り直して回し始める。
BB後、通常スタート臭いものの、どうも この台、凄まじく小役が落ちる。
しかも引くチェリー引くチェリー、ことごとく2チェに偏る。
なっ・・・なんだこの偏りは!!
追加投資8K。 3個目の2チェが直撃、再度BBギェェット! 今度は蟲打法で挑む俺。

―――説明しよう! 蟲打法とは、・・・・・・・アホらしいので省略。

んで このBBが、奇跡の7連。 先程の単発と合わせて、平均4連に落ち着く。
更に このBB後も通常臭いものの、やたらと小役が落ちまくる。
ボッコボッコ2チェを引きまくり、6個目の2チェで またも直撃!(ここまで2チェ率100%)
これが7の緑オーラ。 蟲打法により、いきなりケンシロウのキック炸裂。
更に そこから、剛掌派→トキ避け、剛掌派→リン、剛掌派→ユリア、剛掌派→素避けと、
4連続で、剛掌派を耐え凌ぐ。 ぬぉぉお、高継続率モードっぽい!!
しかしラオウの容赦ない5度目の剛掌派に、敢えなく撃沈 orz(もうネタ切れだよ!)
一気に1箱+下皿まで、出玉を伸ばす。

しかし ここからが、我慢の展開。 またもBB後は、通常臭い。
相変わらず小役の落ちは良いものの、モード昇格には繋がらず。
小役の落ちは6並なものの、BB後のモード、また小役からのモード移行からして、中間設定っぽい。

400Gほど回したところで、ようやくチャンス目から、4度目の初当たりGET。
これがサクッと2連で終了。
初当たり4回で、BB16回かぁ・・・何だかんだで、平均の「4連」に落ち着くから不思議だ。

このBB後も通常スタートっぽい。 スイカから何度か天国に移行するも、決定打が出ず、ダラダラと回す。
結局 再度400Gほど回したところで、ヘタレ止め。
(後で見たら、そこから1300Gまでハマッてたので、結果的には正解。 つかヒデー台ばっかw)


再び蟲の、放浪の旅が始まる。

半箱ほどのコインを持って、俺が流れ着いた先は、「鬼武者」。

で、出たァァーー、鬼武者!!
スロに詳しい方から よくアドバイスを受けるのが、
「お前は鬼武者に触るな」との意見。 ええ、仰る通りです。
鬼武者で勝つのは至難です。 実際俺も、この台で 今までどれだけ負けたか分かりません。
でも・・・俺は好きだ! 鬼武者が好きなんだァァーーー!!

無駄に豊富な 小役告知演出、全くアツくなれない百鬼モード、負ける為にある 対決演出、
風雲たけし城みたいな 扉に飛び込む演出、ミシェルの乳揺れ演出、等々・・・・
とにかく演出の全てがバカバカしすぎて、実に俺好みだ。
よく こんな下らない演出のディテールにこだわれたと、ロデオを誉めてやりたい。

さて、俺が座ったのは、朝からビジ13、レジ3(多分)、現在400Gの台に着席。
ええ、もはや勝とうとは微塵も思ってません。 どうせ負けるなら、鬼武者を打って散りたい。

これがホントにとんでもない展開で、スッコーンと1000Gを超える。
んでバケ天井手前の1150Gで 突然百鬼モードに突入し・・・・まさかの1190Gでボーナス確定!
揃った絵柄は、もちろんバケ! ホォォイ! 爆死コォォーーース!!

ここまで総投資額39K。 ははは、お望み通り桜が散ったよママン・・・。

ところが50Gほどでビジを引き戻す。 ははは、今更無駄な足掻きを・・・。
ビジ後、MAXBETボタンを押した瞬間、違和感が俺を襲う。
ん? 今・・・「千鬼モード」って書いてなかったか? つか、いきなりリーチ目出てるぅぅぅっっ!!!
うわっ・・・・うわわっ・・・・全然気付かなかったけど、まさか俺・・・・「1/65536」引いてたのか!?
ひ、ひぇぇええっ! 祟りじゃっ! 鬼武者様の祟りじゃぁあぁあっ!! →次GでビジGET。

爆死確定と思われた矢先の、まさに「鬼引き」。
一打逆転サヨナラ満塁ホームランのチャンスに、身体が芯から熱くなる。

「BET・千鬼モード」、いわゆる「連チャンBモード」。
半年ほど前、ここのコテ チハルさんが、連チャンBから万枚を叩きだしたのは 記憶に新しい。
先日 ここ石プーで、奇跡のBET千鬼を果たした俺だが、その後ショボ連で終わり、ずっと凹んでいた。

しかし今日の俺は違う! 何せ、「1/65536」を一発で引き当てた漢!!
今の俺に、恐れる物など 何一つ無いわぁああっ!!

ビジ後、180Gほどでビジ。 コイン微増。
さぁさぁ、連チャンモードに居続ける限り、256G以内に ボヌスが放出され続けますよぉぉ!
しかも「711枚取れるビジ」が! めくるめく大量獲得の無限ループ!
はぅあぁぁっ! アタシ脳汁出ますぅぅっ!!!

ビジ後、百鬼モードスタート。 ふむ、早速ここで当たるのか? →スルー
100G過ぎ、再び百鬼モードへ。 な~るへそ、ここか? →スルー
200G過ぎ、再び百鬼。 おいおい、ここで当たらないと・・・ヤバいぞ・・・ →スルー
256G。 ま、まさか・・・・え、マジで? 嘘だろ? そんなまさか・・・ →スルー _| ̄|○


ほぎゃぁああああっっ!!
連チャンB→連チャンA→通常と、それぞれ一発で転落したっぽい!!!
この世にゃ、神も仏も 居やしねェェェーーーー!!!(涙)

256Gヌルーで、ガックリ肩を落としつつ止め。 投資39K、回収28K、-11K orz

んで蟲の自分探しの旅も終わりかと思いきや、急遽 花見大会が行われる事に。
ダラダラ ジャグ打ちながら時間つぶししていると、いつの間にか8K散財 orz

トータル-19Kでフィニッシュ。
本日は「ファンが店に感謝する日」という事で、大盤振る舞いでした。
いよいよボロ負けシーズンに突入した模様です。

世間はすっかり春だけど、俺に春が訪れるのは 一体いつになるのか・・・・。
蔵本球場に咲く 満開の夜桜を見ながら、ふと そんな事を考える俺なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|