トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

石プーに、蟲現る!!

石プーのオープンと、仕事の忙しい時期が 丁度重なり、
開店5日目にして、ようやく初参戦。
正直「乗り遅れた感」があるものの、今更そんな泣き言 言ってらんない。
(そもそもパチ屋に並ぶの大嫌いだし)

石プーに足を踏み入れるのは、一体何年ぶりであろうか。
高校時代、友達のバイクで遠征し、ガルフやらニューパル擦ってた頃を思い出す。
最後に石プーに訪れたのは・・・・獣王が新台入れ替えで入った当日、
偶々入店し、整理券が当たって、50Kの大敗を喫して以来だ。(あれは酷かった)

汚い店内、辛気くさい照明、しょぼくれた店員・・・・あの陰気くさかった店が、
こんな立派な建物になりやがって・・・・!
様々な感情が溢れてきて、つい目頭が熱くなる。

花輪で飾られた駐車場を横切り、満を持して入店!! って・・・・・・



・・・・・・・客いねぇぇぇーーーーーーーー!!!(汗)



ななな何だコレ!(汗)
一瞬 間違えて、山○会館に足を踏み入れてしまったのかと錯覚したぐらいだ。
むむむ・・・・一体何故だ? この掲示板でも言われてた様に、あんまし出てなかったんだろうか?
前日・前々日のデータを見てみると、、、ちゃんと出してた様にも見えるが・・・・はて?

狐につままれた気分で、店内を散策する。

 

 

ふむう、店の傾向として、北斗に かなり力を入れてるヨーダ。
逆にジャグラーやニューパルなどの 純Aには、あまり力を入れてないっぽい。
他の島は、稼働が少なすぎて 判断不能。(こんなんで大丈夫なのか石プーw)

さて、ここで俺が選ぶ機種は、当然「北斗」だ。
恐らく どこのパチ屋のオープンでも、最も設定を入れる機種は北斗だろうし、
石プーの北斗の島の状況から見ても、それは まず間違いない。
店としても、6を入れるならば北斗しかないって感じだろう。

そして現行の機種を見比べた時、北斗6の機械割の高さ(119.7%)は、
他の機種の それとは、比べ物にならない。
オマケに いくら出したところで、ストック切れの心配も無い。
よって北斗を打つ事に決定。

・・・・しかし・・・
・・・・やはりというか、当然というか、一目で「良い」と分かる台は、絶対空いてない。
20分ほどウロウロするも、誰一人として どこうとしない。
・・・ってゆーか、当たり前だ。 俺だって止めねーよ。

という訳で、北斗の高設定狙いは無理だと判断。
急遽 狙い台を、「南国」に変更。

 

北斗ほどではないが、南国にも かなり力を入れてるように見受けられる。
各台のデータからして、中間設定がふんだんに投入されてる模様。

ここで鯉チャンが 勢い良く登場。(俺を見付ける度に、タックルかましてくるのは止めろ)


鯉「むっさん、この空き台は良いっすよ!!」

ふむ、単・蝶飛び、2単・蝶飛び、2単・蝶飛びと、明らかに良さそうな台だ。
そんなに回されてないのが哀しいトコだが、高設定は まず間違いあるまい。
さすが鯉ちゃん、着眼点が素晴らしい。

・・・・だがな、鯉ちゃん。 君の台選びは間違ってないが、
「俺という人間」を、大きく見誤っている。

この台、快調に ここまで出ているものの、「蝶落ちたトコで止められてる」じゃないか。
つー事は、次に蝶が飛ぶまで、良くて あと2単、
いや、3~4単ぐらいは覚悟しなきゃならない。

あのな、俺が南国で初当たりを4回引くっていうのは、それは もはや奇跡なのだよ。
言うなれば、ミッションインポッシブル(不可能指令)だ。
4回キュインさせる前に閉店を迎えるか、有り金スッて帰るか、どちらかなのだ。

よって俺は、この高設定台には座れない。 鯉ちゃん残念、75点!

「じゃあ お前は、どんな台に座るっつーんだよ!!」と突っ込まれそうなので、
ここからは、台チョイス(~蟲編~)を お送りしよう。

まず俺は、南国の島の 空き台だけではなく、稼働中の台を含め、全ての台のデータを入念に見た。
(もちろん 打ってる台は、後ろから データの粒を見るだけね)
全体を見た上で、ある一つの疑惑が浮上する。


「6が無い」


もちろん100%とは言い切れないが、めっちゃ積んでる台の挙動を見てても、6とは言い難い。
そして自分の立場を ルンゲ警部の如く、石プーの店長の立場に 置き換えてみる。
もしも自分が、石プーの店長なら・・・・・

「ウチの店は、ちゃんと6使ってますYO!」と、客にアピールしたいところだ。
6の判別が難しい機種ばかりの昨今、南国の6ほど 分かり易い機種は無い。
つまり店長からすれば、南国の6は、北斗の6以上に 入れたい機種だ。

しかし南国の島を見るに、どうも6らしき台が無い。
果たしてオープン5日目で、もう6を入れないだろうか?

・・・・否!! 6が無い訳じゃない。
6は、「この空き台の中のどこかに、まだ紛れている」!!!!

そこで俺が選んだ台は、朝からビジ3回で 放置されてる台。(ズコーーーーッ!!)

 

まぁ朝からボヌス3回しか引いてない台に座るのもどうかと思うが、
俺が この台を選んだのには、それなりの理由がある。
問題は、このボヌス3回分の履歴だ。

データの粒から推測するに、朝イチ200G過ぎでキュイン、蝶飛んで着陸。
んで100Gチョイでキュイッて、現在150Gで放置。


俺からすれば、「朝イチ 一発蝶離陸」というのは、それだけで全ツッパに値する。
通常Aからの蝶連は、高設定の証。
そして ここまでの鳴きの軽さ!

むしろ何でこんな台が 夕方6時まで放置されてるのか、そちらの方が不可解だ。
朝イチ打ってた人は、蝶が2連で終わったから「6は無い」と判断したのだろうか?
まぁ 俺としても6は微妙なトコだが、5は十分に期待できると思うのだが。

そして現在、1単後。 つまり、次の次のキュインがアツい!
いや、仮に6だとすれば、次のキュインで蝶が飛ぶ事も考えられる!

これだけ理由があれば、俺が座るのに 5秒も掛からない。
1万円を投入し、ブン回し始める。


そして投資2K目にして、早くも運命の瞬間が訪れる。

 

「キュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュイーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!」


うっひょぉぉぉおお!!
静かな南国の島に、派手なビッ確音が響き渡る。

いやぁ~、我ながら快心の「キュキュキュ」だった。 15回ぐらい「キュ」って言わしたかな?
DJ永井も言ってるが、真の南国打ちなら、「キュ」を いっぱい言わせてナンボだ。
「キュキュキュイーーーーーン!」ぐらいで終わってしまったら、それは もはや負けに等しい。

余裕の表情でビジを揃える。 う~む、出足好調!!


ビジ消化して、最終のJACゲーム。
淡々と8G回して、蝶は飛ばず。

まぁ・・・・さすがに6は無いわな。
そう都合良く、「お座り一発蝶離陸」なんて、俺の身に起きる筈がない。
まぁ投資2Kでビジ引けた事だけでも奇跡だ。 次のキュインに期待しよう。
張り切ってレバオン。


「キュイン!!」


うほっ、バタフライランプ光ってる!! ま、マジでか!?

恐る恐るボヌス揃えると、これが またもビジ! うぅむ、近年稀に見る 素晴らしい展開だ。
2度目のビジを消化し、最終のJACゲームへ。

・・・・ってオイぃぃぃぃ! 1G目から蝶が飛んでるぅぅぅぅぅっっっ!! 

 

おらっしゃぁぁぁぁあああ!!!

 

3度目のボヌスを揃えると・・・・またもビジ!!!

はぁはぁ・・・・お、恐ろしい。
南国では 散々酷い目に遭ってきた俺だが、今日は一体どうしたというんだ?
何が どこで狂ってしまったのだろう? 何故か不安になる俺。

3度目のビジも消化。 残すは最終JACゲーム。
さて、ここが運命の分かれ目。
飛べば飛ぶに越したことはないが、この蝶連が ここで終わる様だと・・・・


設  定  6  濃  厚  !  !


蝶飛んで欲しい気持ちと、ここで終わって欲しいという複雑な気持ちで、JACゲームを消化。
そして・・・・

「蝶、飛ばず!!!」

うわっ・・・うわわっ・・・・き、来たのか!? これ来たのかオイ!?
苦節1年、遂に南国の6をツモッちゃったのか俺!?

朝からの履歴は、2連、単、3連・・・・うむ、申し分なし!
つーか 南国の島全体から見て、6は この台しかありえねェ!!

ここから閉店までブン回しモードに突入。 鬼の形相で回し始める。

すると100Gちょいで、遅れからキュイン! そして またもビジ!!

うぁぁああっ、ヤバいっ! 俺は今、幸せを噛み締めているッ!
こんな構図、俺自身 まるで予想だにしていなかったぞ!?
ヤバい・・・・何故か分からないけど、すっげぇ罪悪感!!

なんか 例えるなら、本命の子にフラれて、落ち込んでるトコに、
別の子が 告白してきてくれて、その子と付き合い、幸せになっちゃうみたいな・・・・

なんか自分でも何言ってるのか よく分からんが、とにかく「後ろめたさのある幸せ」!
「俺ごときが、南国でブイブイ言わせてる事への背徳」というか・・・・もう頭が回らんっっ!!!

今止めれば、投資2Kを差し引いても、恐らく27K~28Kの浮きはある。
しかし こんなトコで止めるヤツは、死んだ方が良い。 当然、続行!!

しかし この辺りから、徐々に雲行きが怪しくなり始める。

ガチガチの下皿が飲まれそうなところ(350Gほど)でキュイン! ビジ。
ここまで5連続でビジ。 一見、素晴らしい展開。 しかし・・・・


蝶飛ばず!!


ぐっ・・・・お、おかしい!(汗) 6なら ここは、ほぼ飛ぶ場面のハズだが!
やっぱ6じゃないのか!? ぐむむぅっ・・・・
えぇい、一の矢がダメなら、二の矢、三の矢を放つのみ!
立ち止まってはならない、進んでこそ 活路が開けるのだ! 進め、俺っ!!

ところが、ここからがヤバかった。
今まで快調に鳴ってたキュインが、突如鳴らなくなる。

それどころか、俺は恐ろしい事実に気付いてしまう。

隣の台で打ってたネーチャン、ボヌス後 50Gほどで またもキュイン!
(引き強ぇなぁ~)なんて見てたら、姉ちゃんの・・・り、履歴が・・・・
履歴の粒が、1目盛りも・・・・増えてないぞ???

つまり、俺が最初 自分の台の履歴を見た時、

1■■
2
3■■■

↑俺は これを見て、自分の台を「朝イチ2連」と思ったが、姉ちゃんの台を見ると、



1     (←今のキュイン)
2     (←蝶落ち)
3
4■■   (←蝶離陸)
5■■■

↑こんな感じで、100G以内のボヌスは、■が増えてねぇ!?(汗)

っつー事は、アレか? 俺が1単後で蝶飛ばしたと思ったアレも、
実は「3単後だった」という可能性もあるのか!?
ならば6どころか、5の可能性も危ぶまれる。
何たる失態、これが設定3とかなら、挽回も厳しいっ・・・!
額を冷たい汗が流れ落ちる。

しかも そんな俺をあざ笑うかの様に、順調にハマり続ける。

ぐぁぁあ、マズい!
一時は 下皿+1箱積んでたコインも、今や 下皿だけ!

くっ・・・・南国め、俺に微笑みかけたと思いきや、その笑顔の下に、牙を隠していやがったとは!!
やはり南国、侮り難し!! 「策士、策に溺れる」とは この事か!! 畜生っ・・・!

回転数は500Gを突破。 ぐぐぐ・・・もはや手持ちのコインも、風前の灯火っ・・・!
頼むっ・・・・せめて このコインが飲まれる前に、せめて あとワンチャンスを俺に授けてくれっ・・・!!


俺の祈りが神に通じたのか、コインが飲まれる寸前、600Gにして、ようやくキュイン!! ビジ。

はぁはぁ・・・・やはり南国は出る時ゃ出るが、飲まれ始めると 凄まじい速さでコインが消える。
ここまで 2連(推定)、単(推定)、3連、単、単・・・・

高設定なら、ここっ! ここが運命の分かれ目!
ここで蝶が飛ばなきゃ、俺の屍が、空しく 石プーに 転がる事にっ・・・・!

飛べっ! 「飛んでくれ」じゃなく、「飛べっ」! ここは絶対に飛ばさなきゃならな・・・・



「シュワワ~~~~~~~~ン」



おらっしゃぁぁぁあああっっっ!! 起死回生の蝶離陸!! 勝負はこれからだッッ!!

 

ここで本日初のレジ。 しかし、再度 蝶離陸! よしよし!!
そして3連目のボヌス。

ここっ! 勝負の分かれ目は、ここですっっ!!
ここで3連で終わる様なら、やはり「設定6」!
逆に、ここで更に蝶が飛んでしまうと、設定6の夢は潰えて・・・・



「シュワワ~~~~~~~~ン」



とっ・・・・飛んだァァーーー! 飛びよったァァァーーーー!!(涙)

わ~い わ~い、嬉しいな♪ 綺麗な蝶々が、4回飛んだよぉぉ~~~!(涙)

普段の俺なら手放しで喜ぶ場面だが、ガックリと項垂れる俺。


ハハハ・・・・そりゃ南国の6なんて、そうそう置かないよね・・・・ハハハ・・・・。
良い夢見させてもらったよ、アバヨ!!


しかし この蝶連が、後に 偉大なる記録を打ち立てようとは、この時の俺は、知る由もなかった。

 

「シャララ~~~~~~~~ン」
「シュワワ~~~~~~~~ン」

う~む、素晴らしい飛びっぷり。 ホント容赦ないぐらい飛ぶな。
つい数分前まで「設定6かも」と浮かれてた自分が、心底恥ずかしくなる。

しかし・・・・


「ジュワワ~~~~~~~~ン」
「キララ~~~~~~~~~ン」


うぅむ・・・・エラい飛ぶなぁ。 正直、予想以上だ。 何だコレ。


「ヴォコヴォコヴォコ」


遂に曲が「南国物語」に変化。
おいおい、こりゃ設定6じゃなくて、かえって良かったのかもしれん。

設定6否定で凹んでたけど、いつしか 蝶が華麗に舞う姿に、心を奪われ始める。

 

「キャララ~~~~~~~~ン」
「シャララ~~~~~~~~ン」


う、美しい・・・・。 まるで水面から飛び立つ、白鳥の様だ・・・・。

徐々に自分を取り囲む現実(リアル)が、音もなく崩れ始める。
パチ屋の騒音が消え、壁が壊され、天井に穴が空き、床の底が抜け落ちる。

気付けば俺は、草原に立っている。
見渡す限り、一面の緑。 俺の頬を撫でる、爽やかな風。
そして俺の周りを飛ぶ、色とりどりの蝶達。

絶頂っ・・・・!
気付けば俺は、パチ屋のド真ん中で、勃起していた。



「シュワワ~~~~~~~~ン」
「シャララ~~~~~~~~ン」

まるで永遠に続く、射精の様な感覚っ・・・・!

途中 どこから現れたのか、奈留さんやら兄ジャが、俺を現実に引き戻そうとする。
しかし俺は 素無視して、幻想の世界に入り浸る。
焦点の合わぬ目で、ヨダレを垂れ流し、もはや失禁寸前。

12連、13連、14連・・・・・そして15連目にして、遂に蝶着陸。
夢のような一時が、終焉を迎える。(ビジ9、レジ6)


はぁはぁ・・・・あと半年は、彼女いなくても平気です。

 

実は南国打ちまくってるくせに、昨日の15連が、過去最高記録だったりする俺(照)。
いやぁ~、我ながら上出来です。

んで いつもの俺なら1Gで止めてるトコだけど、
何やら皆さん、飯食いに行こうというので、ダラダラ打ち続ける事に。

んで300Gでビジ。 最後中途半端に200G回して止め。

まさかアイツ等、閉店まで打ち続けるとは・・・・俺とは違う部分で、狂ってやがる(汗)。

その後 ガストで、蟲の祝勝会。
(おまいら、今月 まだ負けてる俺から、たかるんぢゃねーよ!!)

本日投資2K、回収84K。
石プー初参戦にして、今年1番の快勝ですッ!

 

 

 

 

 

 



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|