トップ


+2005年度

+2006年度

+2007年度

+2008年度

+2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鴨スタ行ってきますた。
今日もダッシュで大海SPのシマに向かうと・・・
1/3ほどは既に空き台となっている。
うぅむ・・やっぱいまいちジジババからのウケは良くなかったか。
まぁ俺もそう思うがね。

さて以前より遙かに楽になった台選び。
空き台を1台1台慎重に見て回る。
うーん、俺が分かるのは精々ヘソぐらいだな。
・・っつっても、全部同じ釘に見えるんだがw

空き台の中から、0.1mmぐらい空いてそうな気がした台に着席。
まったりと回し始める。

17回転、19回転・・・ふむ、悪くない。
とか思ってたら、投資3K目で「キュイン!」
そのまま単発大当たり。
ラウンド消化中に「キュキュキュキュキュイーーーーン!!」で確変昇格。

よしよし、とりあえず持ち玉ができた。
しかし・・・アタッカーは渋いな。
あとはスルー次第か。
そんな事を思ってると、1回転目でリーチが掛かって、そのまま単発 orz
まぁこんなモンだな。
これでスルーも締められてる様なら、勝ってる内に即ヤメしよう。

しかし時短中、玉はスルーを通りまくり、現状維持どころかモリモリ増える。
ほぉ、悪くないな。 今日はこの台で粘ってみよう。

1箱半を元手に、回せるだけブン回す。

 

しっかし・・・こうして通常時を回していると、
大海SPの出来映えは、ホント微妙だなー。
そりゃあキュイン!は気持ちいいけどさ。
「キュイン!」って鳴った瞬間 大当たり確定だし、
その後に「・・キュキュキュキュキュイーーーーン!」と続こうモンなら、確変確定ですよ。
そりゃあ気持ち良いさ。

でも・・随所に絡みすぎるんだよなぁ、このキュイン!が。
なんかもう、ノーマルだろうが泡スーパーだろうが魚群だろうが、
キュインが絡まなきゃ全てハイワロっつーか。
確変中、確変絵柄単独テンパイからの、キュインの絡まない泡スーパーの、
寒いこと寒いこと。
これだけ打ってて、未だに1回しか当たった事ねーよ。
時短中に至っては、キュイン無しの泡リーチからは、1度たりとも当たった事がねぇ。
キュインと鳴らない時点で、ほぼ外れ確定という空しさ。
1/349という渋めのスペックで、ただでさえ当たりが重い状況下、
その当たりの殆どにキュインが絡むんだから、
どうしてもゲーム性は「キュイン待ち」になっちゃうよなぁ。
あとは精々魚群でアツくなれるぐらいか。
つーか魚群にさえキュインが絡みまくるのがいただけない。
アトランティスモード一本だけど、チャンスボタン押して魚群が出る頃には、
既に「キュイン!」って鳴ってる事の方が多いし。
とにかく大海SP打った後は、「キュイン!」の印象しか残らない。

あと泡ブクブクの、保留またぎ予告の無意味さ。
ブクブク1回なんて 外れ確定みたいなモンだし、
2回続いても魚群出なけりゃ論外だし、
3回続いてもリーチにさえならない事も多々ある。
これも未だに当たりに絡んだ事ないんだよなぁ。
もうちょっとガセ予告の出現率を抑えて、その分期待できる様にしたなら、
海シリーズを代表する、画期的な演出になったかもしれないのに。

それと、1コマ戻り&進みからのリーチ。
これも存在意義が分からん。
派手な音がする割には、全くアツくない。
んでアツくも何ともない割には、やたら頻発するし。

なんつーか今作は、三洋の目論見が全て裏目に出てる感じがするんだよなぁ。
開発陣は、「ヒット機種を出す為には、新しい演出を生み出さねば!!」って思ってたんだろうけど。
俺のような海ファンに言わせれば、その発想自体がズレてんだよね。
俺は「海のどこが好き?」と問われたならば、迷わず「昔からの変わらなさ」と答えるだろう。
そもそも昔はあんましギンパラ好きじゃなかった。
ギンパラ打つぐらいなら、モンスターや大工の源さん打ってたし。
それでも今海シリーズを打ってるのは、
モンスターの後継機・モンスターマンションやモンスタービレッジが、
無駄な機能付けまくって、一気に劣化していったり、
大工の源さんの後継機が、寿司屋の源さんだの火消しの源さんだのと、
良いところを全部潰し、どんどん改悪していったからに他ならない。
そんな中、海シリーズだけが、初代の良さを残し、
そして少しずつマイナーチェンジを加え、
昔ながらのシンプルさとアツさを、同時に俺に味わわせてくれたから。

実際、今回の大海SPで、
「こんな演出は要らないだろ」って思った演出は、
ことごとく今回から搭載された演出ばっかなんだよなぁ。
思うに海シリーズは、沖海で頂点を迎えたんだよ。
昔ながらの海の良さに、一発告知を付けた時点でさ。完成されちゃったんだよ。
そこから後は、どこをどうイジろうと、改悪にしかならんさ。
だから三洋の開発陣は、沖海を一切イジるべきではなかった。
ちょっとした背景やプレミア演出を変えるぐらいで、余計な手を加えるべきではなかったんだ。
「何故海シリーズは今でもヒット機種なのか?」
その原点を、誰よりも三洋社員が知るべきだったんだ・・・・


・・・そんな妄想をしている間に、サクッと1箱半が飲まれる。

 

ふむぅ。 1箱半飲まれた時点で、回転数は330G。
時短100Gを除けて、230G。
つまり1回の大当たりの出玉で、115G回ったという事か。
ふーん。

・・・で、良いのかコレ?w 正直分からんw

とりあえず粘ってみる事に。

すると追加投資1.5Kで、タコとカニの確変ダブルテンパイ。
チャンスボタンを押して、泡出現・・・と思った瞬間、

「キュイン! キュキュキュキュキュイーーーーーン!」

ホァッ!!(゚∀゚)
やっぱ何だかんだ文句言っても、キュインの瞬間だけは気持ちいいな(照)


この確変が6連まで伸びて終了。
出玉は4箱半になり、ホクホク気分。

しかし時短終了後、突然回らなくなり始める。
更に(まぁ4箱出たし、もう良いか)と厭戦ムードになってしまったので、
半箱入れたトコでヤメ。
・・フッ、まぁ今日はこんなところで勘弁してやるか。

投資4.5K、回収26.8K、収支+22.3K。

これで今月トータル+211K。
更に年間収支は+241.6Kまで浮上。

ま、まさか・・・競艇でこさえた負債を、パチンコで返済できようとは・・・w

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|