トップ


+2005年度

+2006年度

+2007年度

+2008年度

+2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日で5月も最終日。奇跡のGW勝ち越しやら、誕生日やら、3連敗で-100Kやら、色んなドラマがあったなぁ。
でもツイてた事もあって、最終的に けっこうプラス。
実は今月の収支、1月(スタジアムがオープンした月)と丁度同額なんだよなぁ。
ここは今日勝って新記録を樹立すると共に、その勢いのまま6月に繋げたいところ。
負けは許されない。 よって、ヘタな立ち回りは絶対にできない状況。
そんな覚悟を胸に秘めつつ、今日もスタへ直行。

かなり南国を打ちたかったけど、今日も満席。
くっ・・・南国がブームになりつつあるのか? 嬉しいような寂しいような、複雑な心境。
というか、今日はすごい客だな。 こんな意味不明なイベントに、よくこれだけの人が集まったモンだ。
お陰で台選びは難航した。
銭形、黄門ちゃま、鬼武者、鬼浜、巨人Ⅱ・・・うーん、ろくな台が空いてない。
鬼武者や鬼浜に至っては、空き台すら無い状況。

とりあえず銭形の650Gハマリ台を煙草でキープしつつ、更に5分ぐらいウロウロする。
すると、海物語の550Gハマリ台が空く。 うぅ・・・む、微妙。 あんまり座りたくないところだけど、
銭形の場合、最悪999Gでバケって事もありうる。 それならノーマルビッグでも、海の方がマシか?
もうちょっと育つのを待ちたいところだけど、恐らく 次座った人は、天井まで全ツッパだろうなぁ。
それなら、ここら辺が妥協のポイントか?
・・・もういいや、考えるのマンドクセーから、この台にしよ。 という訳で、海物語に着席。

それにしても、一つ気になる事が。
俺が入店した時から、海物語の島の後ろで、ずーーーーっと 突っ立ってる爺さん。
俺が550Gの台で悩んでる時も、200G捨ての高設定っぽい台が空いた時も、微動だにしていなかった。
誰か知り合いが打ってるんだろうか? それとも、ただ後ろで見てるだけなのか?

 

打ち始めて5Kぐらいのところで、突如隣の若者が、台を殴って去っていった。
ゲーム数を見ると・・・なんと1000G!!
(うわっ、どうしよ、どうしよ・・・)と悩んでる内に、凄い勢いで煙草が飛んできた。
煙草の主を見ると・・・さっきの爺さん!?
そうか、これが爺さんの狙いだったのか! すげぇ!!
まさか隣の若者が途中で止めると予測してたのか!? それとも 偶然なのか!?
結果はどうあれ、爺さんは1000Gの台を見事手に入れたのだ。

・・・と、爺さん座って僅か1Kで、ボーナス確定! マジすげぇ!
すると爺さんおもむろにコールランプを押して、店員に目押ししてもらう。

・・・恐るべき爺さんだ。 目押しもできないのに、ちゃんと攻めるべきポイントを見極めているのだ。
恐らく俺が入店した時から考えると、30分以上、海物語の島に張り付いていたんだ。 すさまじい執念。
それに引き換え 俺なんて、「今日は絶対に負けられねぇ!」とか思いつつ、安易に550Gの台に座ってしまった。

ハマる俺を尻目に、爺さん次々とボーナスを引いていく。(っていうか、店員 引き強すぎ。)
あっという間にドル箱を2つ積んでいる。
俺はというと、13K投資、950Gで ようやくボーナス確定。 スーパービッグ。 ・・・しかし単発。
最後に隣の爺さんがボーナス確定の画面を指差しながら、
「兄ちゃん、これ揃えてよ」と言ってきたのに対し、
「嫌です。」と爽やかに答えてヤメ。(150G) 400枚交換で、-5K。

その後色んな島を巡回。 打ちたい。 何でもいいから打ちたい。
でもホントに ろくな台が空いてない。 相変わらず客も多すぎる。
暫くウロウロしながら海物語の島に戻ると、俺の次に座ったオッサンが、300G手前でスーパービッグ引いてやがる orz
くそっ、結構 良いトコ引いてたんじゃねぇか俺。

すると、さっき俺の隣で打ってた爺さん、200G回したところで、ちゃんと止めていた。
まさか止め時まで見切っていたとは・・・いやはや、敵ながら天晴れなり。
色んな意味で敗北感を味わいつつ、久々に南国の島を見に行ってみる。
すると、5連単後の580Gハマリ台が空いている。 こりゃ天井まで回すべきか?
・・・と、ここで気がついた。
この台の隣で打ってる人、たぶん「くまさん」じゃね!? うぅ・・・どうするべきか。
ここは なるべく自然に着席し、
そしてフレンドリーに、「オッス くまさん、最近 調子どうよ!?」とか喋りかけるべきなのだろうか。
うぅう・・・できない orz
このスレの住人に うどんをご馳走しつつ、スロを語り合うのが俺の野望だったじゃないか!
ヘタレるな、頑張れ俺! 逃げずに、くまさんに喋りかけるんだ!!

・・・しかし5秒ぐらい頭の中で悩んだ後、そそくさと南国の島から退散。
だってさ、くまさん たぶん俺の事知らないだろうし。
いや、仮に俺と知ってても、喋った事もない人から いきなり「Let's うどん!」とか言われても どん引きするだろうし。
仕方ないのさ。 俺はヘタレじゃない。 ちょっとシャイボーイなだけなんだ。 俺は悪くない・・・。

自分で自分を慰めつつ、またもや店内をウロウロ。
あぁ、ダメだ。 さっき俺の打ってた台、凄い勢いで連チャンしてやがる orz
今日はこの辺が潮時だな・・・帰るか。
視線を上げた瞬間、視界に一人の人物が。
(・・・あ、くまさんだ。)と頭で考えるより前に、なんと くまさん、俺にお辞儀をしてくれた。
釣られて俺もお辞儀。 そのまま くまさんは、軽やかに去っていった。

くっそぅ・・・めっちゃ良い人じゃないか。 それに やっぱ俺が蟲だって知ってたっぽい。
うどんは無理でも、勇気を出して、せめてジュースぐらいは おごってあげるべきだったんだ。
あぁあ・・・本当に情けない。 がっくりと項垂れつつ、本日の稼動終了。
こんだけ長文書いていながら、結局打ったのは、海だけでしたw 本日-5K。

 

 

 

 

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|