トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鴨ミリ行ってきますた。
さっそくオアシスの島に向かうも、お寒い状況。
ビッグタイトル以外の5号機にしては、珍しく稼働付いてるというのに、
何故わざわざ客を飛ばす様な事をするw

さーて困ったなぁ。 今日はパチンコって気分でもないし・・・。
偶々見つけた黒さんとダベっていると、店内アナウンスが流れる。

「只今からイベント『夜王』の抽選会を開催します! 本日の対象機種は、ハイビいちろうです!」


うっはw ハイビいちろうかw
オアシスと同じ日に導入されていながら、3日目ぐらいから既に客飛んでたもんなw
まぁ最近じゃ何の5号機が入っても、大体似た様な状況だが。
早くも6時開放イベントの対象機種まで落ちぶれてしまったか・・・。

さて。
ここでルンゲ警部みたく、鴨ミリ店長の思考を読んでみる事に。(カタカタカタ・・・)

店長としては、是非ともハイビいちろうに稼働を付けたいところ。
そんな思惑の中、夕方6時から開放する、最近入ったばかりの新台。
これらの符号が意味するものは一つ―――「設定6が入る」!!!
しかも設置台数5台だから、確率は1/5!!


どうせ打つ台も無いし、せっかくだから、黒さんと並んでみる事に。
実は毎日の様に鴨ミリ通ってるけど、夜王の抽選に並ぶのは初めての経験。
黒さんが居なければ、今日もきっと並ぶ度胸はなかっただろう。
つか並んでるの、俺と黒さん入れても10人前後だしw
おまいら もっと乗ってこいやぁ!w

さて抽選は、サイコロを転がし、2か5を出せば整理券をゲットできるというもの。


サイコロと聞いて・・・すぐある予感が走った・・・・
この勝負、運否天賦じゃない・・・・・・
おそらくは・・・・・愚図が堕ちていく・・・
勝つのは知略走り、他人出し抜ける者・・・・・・・!

カイジの心境で、ドキドキしながら順番を待つ。

先頭の人、そして黒さんと連続でハズレ。
ここで順番が巡ってきたのは、我らがカリスマスロッター蟲!(ざわ・・・)

ここで蟲の脳裏に電流奔る・・・!

・・・こともなく、まさかの「神頼み」・・・!
何たる無策っ・・・! ギャンブラーとして、決してあってはならない事っ・・・!
が、しょうがないじゃんっ・・・! だってサイコロ転がすだけなんだもんっ・・・! ざわざわ・・

「えぇい、ままよッ!!」

天高くサイコロを放り投げる。
まるで運命に弄ばれるが如く、コロコロと転がるサイコロ。

(がっ・・! がっ・・・! がっ・・・!!)

言葉にならない呪文を送りながら、サイコロが止まるのを待つ。

コロ・・コロコロ・・・・・・ピタッ。


何と出た目は「5」っ・・・!

蟲、会心の一振りっ・・・!

僥倖っ・・・! 整理券一番乗り!

何という愉悦っ・・・! クキキッ・・・クキコカッ!!!

 

 

クキ・・・クキキケッ!

ひとしきりキモい笑い方した後、すぐ現実に戻される。

おいおい、何勝った気でいやがるんだ俺はっ・・・!
勝負はここからだろっ・・・!

目の前に、5台分の整理券が並んでいる。
そしてこの中に恐らく1枚だけ「設定6」が含まれている!

凄まじい速度で頭を回転させる。
読めっ・・! 店長の狙いを看破するのだ・・・!
恐らく店長の目論見としては、ハイビいちろうに客を根付かせたい。
それもある。
が、もう一つ・・・!
ここでちゃんと「出玉アピール」をしたい。
即ち、夜王のイベントが本物であるという事を証明したい。
要するに「目立たせたい」。
ならば俺の取るべき選択肢はただ一つ・・・!!

俺が取った整理券は、出入り口から最も近い、『角台』の札であった・・・!


その後 後続の人達が次々と外れ、何と2回目挑戦の黒さんが、最後の1枚をゲットw
黒さんは反対側の角台。
ほう・・・残り物とはいえ、なかなか良い場所だ。さすがは黒さん。
5台の並び順はこんな感じ↓

①俺 ②爺 ③若 ④乙(オッサン) ⑤黒

二人で台に座り、開放時刻の6時を静かに待つ。


・・・とここで、小さな事件が起こった。
俺の隣のジジイが、店員に質問する。

爺「これはどうやって打つんな?」

(やれやれ、5号機なんて どう打っても同じだろうが・・・)
苦笑していると、信じられない言葉が俺の耳に入ってきた。

爺「このコインはどこに入れるんな?」

俺「!?」

爺「このボタン(MAXBET)は何な?」

俺「!?!?」

店員が必死コイて説明する。

店「まずこの穴にコインを3枚入れて、レバーを叩いて、順にボタンを押しまして・・・」


おいおい。

おいおいおい。

なんっでスロットも打った事ないジジイが、スロットの抽選会に並んどんじゃあああ!!(しかも2番目に当てとるしw)
「打ち方も分からないけど、なんか抽選してるし、とりあえず並んでみようか・・」ってか?
もう嫌! こういうジジイのチャレンジャーっぷりがホント嫌!!!
この台はARTが無いから良かったものの、隣でリプパンされまくった日にゃ、目もあてられない!
目押ししてあげたいけど、自分の台も打たねばならんし、
図に乗って毎回要求される様になっても、最後まで責任は取れん!
そんな葛藤を繰り返しながら閉店まで打つなんて、まっぴらご免だ!!

店員がジジイに必死に説明してる最中、ついに6時を告げるアナウンスが響き渡った。

 

 

「さぁ6時です!! 張り切って参りましょう!!」
けたたましいアナウンスと共に、「夜王」スタート!!


店員「・・ですから、コインをここに入れて、レバー叩いて、ポンポンポンと。」

爺「えぇ~? ワシャよう分からん。 難しすぎるわ。」

俺(うっぜぇ~~~!! orz)



「キュイン!!!」



何と5台の内で最も早く当たりを引いたのは、
店員の説明を受けながら渋々レバーを叩いた、隣のジジイであった ○| ̄|_
店員に揃えてもらって、レジを消化するジジイ。

爺「何なこれ。 どうしたらええんな? 何したらええんな!?」

店「ですから・・・(汗)」


オイオイ勘弁してくれ。
これでジジイの台が設定6だった日にゃ、もうトラウマで二度とスロット打てねーぞ俺(汗)

しかしジジイだけでなく、何と5台中4台が、投資1Kで次々と「キュイン!」とボヌスを引いてゆく。
・・・まぁ残った1台は もちろん俺な訳だが(照)

ちくしょう、マズいな。
全部それなりの設定とは思うが、さすがにこの状況は焦る(汗)


「キュイン!」


投資2K目。 みんなから若干の遅れを取りながらも、俺にもボヌスが訪れる。
揃えてみるとビジ。 よぉ~しよしよしッ!


しかし隣のジジイもサクサクと引き当て、まだ50Gも回してないのに、既にレジ3発。
恐るべきジジイだ・・・(汗)


立ち上がりは皆順調で、5台ともポンポンとボヌスを引ける。
俺もビジ後、50Gほどでビジ、再度80Gほどでビジと、気が付けば下皿満タン。
よしよし、絶好のスタート!!


・・・が・・・
うっぜぇ!! 隣のジジイがうぜぇ!!
1ゲームにつき とんでもなく時間を掛けながら回すんだが、
俺がビジ後200G回した間に、まだ40Gしか回してねぇ!
つか1ゲーム回す度に手を止めて、ジーッと俺の台を凝視してくるんだが!
1ゲーム回しては5分ほど俺を凝視、また1ゲーム回しては俺を凝視・・・

何コレ嫌がらせ!? どうせなら右のヤツ見ろよぉおおお!!(汗)

 

 

そんな状況下、早くも脱落者が現れる。
何と最初に離脱したのは、見るからにプロっぽい、真ん中に座ってた若者。

ってか開始早々レジ2発引いて、飲まれたトコで即ヤメて!(汗)
どんだけ見切り早ぇんだよ!!
まだ おまいの台が6の可能性もあるだろ!?
だのに・・何故・・・諦めちまうんだ佐原ぁぁああっっ!!(涙)

闇の中に飲み込まれていった佐原(仮名)を見送りながら、なおも俺はブン回す。


それから数分後、ついに2人目の脱落者が出現。
それは何と・・・お座り数ゲームでレジを引き、その後2発レジを引いた、『隣のジジイ』であった。

俺「諦めたらダメだっ・・・! まだ諦めるには早すぎる・・・!」

爺「ダメだ蟲くんっ・・・! 脚が竦むっ・・・! もうワシはダメなんだぁっ・・・!(ボロっ・・)」

俺「石田さぁぁぁあああん!!!!」


真っ逆さまに、奈落の底へと墜ちてゆく石田さん(仮名)。

ふぅ・・・良かった・・・。
30㎝ぐらいの距離でジーッと見続けられるのは、精神的にかなりキツかったぜw
その後空いた2台に座った人達はボチボチ出してたから、まぁ悪くはなかったのだろう。

さて俺はというと。
初っ端ビジ3連で一歩リードしたものの、その後が続かず、スッコーンと500Gハマリ(汗)
残り数枚で、(これ飲まれたら俺もヤメよう)と思ってたところで、
ビジ、レジ、ビジ、レジと来て、再び下皿カチ盛り。

ところがまたしてもスッコーーーンと400Gハマッて、残り数枚へ(汗)

しかしそこから、ビジ、ビジ、レジ、レジ、ビジ、レジと連チャンし、
ようやく半箱&下皿カチ盛りまで盛り返す。


そしてこの頃には既に大局が定まっていた。
開始早々ボヌス連打で一気に増やし、その後もハマる事なく連チャンし、
あっという間に2箱カチ盛りになった、右から2番目のオッサン。

そして2番手は、最後のチャンスをモノにした黒さん。
彼も小ハマリと小連チャンを繰り返しながら、現在1箱カチ盛り。

俺の台は・・・どう贔屓目に見ても、良くて「中間」ってトコか・・・。

結局再びスコーンと400Gハマり、下皿全ノマレ。
まぁ6の可能性はゼロでもないし、普段なら粘るトコなんだろうが、
ハイビいちろうが あまりにもつまらないんで(笑)、
箱に半分ほど残ったコインを流して、稼働終了。

投資2K、回収11K、収支+9K。

総2050G、ビジ8、レジ5。

まぁ俺も見切り早すぎた感は否めないが、
2箱カチ盛りのオッサンは、その時点で既にビジ10、レジ15引いてたからな・・・。
さすがに勝負あっただろ(汗)
まさか設定6を、シマ中央寄りの、右から2番目に配置するとはな・・・。

っていうか整理券貰って、最初にハイビいちろうのシマへ向かった時、実は愕然としたんだよ。
「目立つ台を出す」という俺の当初の目論見・・・。
出入り口から1番近い、最も目に入るであろう角台を選んだんだが・・・。
よくよく見ると、ちょうどデカい柱と、更にはおしぼり機の陰に隠れて、
目立つどころか、一番目立たない席じゃねーかよ、俺の台 orz
まぁ敗因は、事前リサーチの不足と、空間把握能力の欠如という事で・・・。

かくして+9Kというショボ勝ちで、エスポワール号(鴨ミリ)を後にする蟲であった・・・。
ざわ・・ざわ・・・。

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|