トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ご存知の方もおられると思うが、俺の職場には多くのちびっ子達が訪れている。
仕事嫌いな俺にとって、ちびっ子達と戯れる時間はまさに至福。
いつしか俺の心のオアシスとなっていた。
保護者からも好評を頂き、ようやく軌道に乗りかけてきた3年目。

何とそのちびっ子事業が、本日を以て突如終わる事となった。
偉いお役人さん達が乗り込んできて、「好評らしいので、あとはウチがやります」と仰ったのだ。
「お前の物は俺の物、俺の物も俺の物」
まさに現代のジャイアニズムとも呼ぶべきお役所理論に、
ウチの様な弱小会社が抗う術もなく、まぁその他諸々の「大人の事情」により、呆気なく終焉の時を迎えたのだ。

という訳で、今日が卒業式。
俺は担当でも何でもなく、偶に幼女を連れ込むだけの部外者だったんだが、
最後に是非挨拶をしてくれという事なので、その晴れ舞台で祝辞を述べさせてもらった。
保護者や関係者50人以上が見守る中、ちびっ子達への熱い想いを語り始める。(もちろんトランキ服用済)

「皆さんこの度はおめでとうございます。
3年間、子ども達の成長を、事務所の陰から見守ってきました。
最初はママのおっぱい飲んだり、ハイハイしていた子どもが、
今や元気に走り回ってる姿を見ると、子どもの成長の早さを実感致します。
これからもその成長を見守っていられると思っていたのですが・・・」

俺の脳裏に浮かぶ、幼女達の姿。

乙葉ちゃん、ナッちゃん、ユリカちゃん、こころちゃん、桜ちゃん、みうちゃん、みりなちゃん・・・
ある時は肩車し、またある時はオママゴトをして遊んだ。
泣いたり笑ったり、全力で羽ばたいていった ちびっ子達・・・

気がつけば俺は、挨拶の最中にボロ泣きしていた。
不覚にも、多くの人が見守る中、ワンワン声を上げて号泣。
俺は大事な心の支えを失った―――。


PM6:00
本日も鴨ミリへ直行。
フフフ・・・フヒッ、フヒヒ!
やはりパチ屋は良いッ!!
辛い事も悲しい事も、全てを忘れさせてくれる!!
さぁ~て今日も心ゆくまでパチンコ打ち倒すぞ~♪

駐車場に車を止め、鞄からタバコ・携帯を取り出したところで、重大な事実に気付く。


財布忘れた・・・ ○| ̄|_


家に取りに帰るも、再びパチ屋へ行かせてもらえる訳もなく、浴びる様にヤケ酒飲んで爆睡。
こうして俺の2009年度は、静かに幕を閉じた・・・。

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|