産業カウンセリングの3つの源流

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

産業カウンセリングの3つの源流


職業指導運動

パーソンズ

教育測定運動

ソーンダイク
⇒「すべて存在するものは量的に存在する。量的に存在するものはこれを測定することができる」
ビネー
⇒史上初めての知能検査を開発
ターマン
⇒知能指数(IQ)という概念が導入されました

精神衛生運動

ビアーズ
⇒「わが魂にあうまで(A Mind That Found Itself)」


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

プロフィール



雑記


趣味


コミュニケーション


産業カウンセラー


臨床心理関係











@wikiについて


リンク


他のサービス