人間失格


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この齢になって初めて「文学」なるものに触れてみた。一応、推理小説とかフィクションなんかは読んだことはあるが、それ以外はこの作品が初めて。
もしかしたら過去に学校の教科書で太宰の作品を読んだことはあるかも知れんが、まともに読んだのは今回が初めてだ。
で、結局この作品は何なんだ? 正直、何か心に打たれるものはなかった。もう一回読みたいとも思わなかった。
何でこんな本が売れたんだ?評価されたんだ?最近は漫画でも出てるよな?

主人公が堕落して行って、堕落して行って、精神病院入って・・・人間失格?
今その辺に溢れてる、いきなり無差別に人を殺しそうな奴に比べれば、まともな人間だと思うけどね。
別に失格でも何でもない。