Squall (japanese)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



Squall (japanese)


もし雨なら、人々は色褪せてしまうだろうけど、
君は精彩を放っている。
私が泣き出したい気分の時も、君は笑っている。

君は悲しい顔を見せない。
「だって一度きりの人生じゃん」
君はそう言った。

もし私がスコールでも、君は笑っていられるかな?
結局、君の顔を隠してしまいそうな気がする。
だから私は雫でないといけない。


私を君の運命にゆだねようと決めた。
私は何もかもを捨てた。
あなたと同じでいたかった。

どれだけ私がそう願おうと、
「私はあなたとは違うよ。それと、、、」
君はそう言った。

もし私がスコールでも、君の心までは届かず、
結局、君の色を落としてしまいそうな気がする。
だから私は雫でないといけない。


その鎖は私の心で絡み、そして解けない。
雫の音ですら、苦痛になってしまうだろう。


もし私がスコールでも、君は笑っていられるかな?
結局、君の顔を隠してしまいそうな気がする。

私のスコールで君が見えなくなり、
自分の居場所さえわからなくなる。
なにもかも晴らせば、きっとうまくいくのに。
わかっているのに。。。