アジアが切った事のない10秒台


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本人最高は伊東浩司の10.00。
中東で初めて10秒台を切ったのは、
ナイジェリア出身でカタールに帰化したフランシス。
2007年7月に9.99を記録している。
アジアの陸上選手で9秒台を出せた人間は、
アジア史上1人もいない。
ただし、陸上選手や陸上部であれば10秒台は可能。
1流スポーツ選手や1流民族舞踊愛好家であれば、
電動式のものでも100m走11秒台は可能。
世界に目を向けると超俊足サッカー選手、
機敏なアメフト選手で11秒前後。

マリナーズのイチローの場合、全盛期で11秒9。
http://www39.atwiki.jp/nakamotohiromi?cmd=upload&act=open&pageid=208&file=100m.JPG

2009年現在のデータはこうなっているが、
男子では11秒中盤辺りが平均よりも顕著に速い事になり、
日本人離れしている事になる。
陸上選手以外の女子の場合は14秒~15秒で優秀。

~9秒58  ボルト
9秒69 ゲイ
9秒7  パウエル
9秒8  カールルイス、フレデリクス
9秒9  五輪決勝進出
10秒0~2 日本人トップ 野球選手最速 NFLトップレベル 五輪準決勝進出
10秒3~5 高校トップ
10秒6~9 中学トップ 世界女子トップ 高校男子県トップ
11秒0~1 女子五輪決勝進出 超1流野球選手
11秒2~4 日本女子トップ 中学生男子県トップ
11秒5~9 他称野球部俊足 高校女子トップ 
12秒0~5 自称野球部俊足 高校女子県トップ 中学女子トップ 小学生男子トップ
12秒6~9 自称運動部俊足 小学生女子トップ 中学生女子県トップ 小学生男子県トップ
13秒0~9 高校生運動部平均 
14秒0~9 高校生男子平均  小学生女子県トップ
15秒0~9 中学生男子平均
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル