※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロイアル・タイラー
(Royall Tyler)
(1757~1826)

略歴

 ボストンの裕福な商家に生まれ、ハーヴァード大学を卒業後に独立戦争に参加、その後法律家となる。もともと芸術に関心があった彼は、ニューヨークを訪れた際にアメリカン・カンパニ-(アメリカ最初の劇団)の人気喜劇役者トマス・ウィグネルと知り合い、それがきっかけでわずか三週間で『コントラスト』を書き上げた。これが上演されるとたちまち評判となり、数多くの作品を世に送り出すこととなった。劇作だけでなく、小説やエッセイも執筆したが、その一方でヴァーモントの最高裁判所裁判長や、ヴァーモント大学の法律学教授を務めるなど、作品以上に多彩な一生を送った。

作品

 代表作『 コントラスト(The Contrast,1787)はニューヨークを舞台に、無骨だが誠実な軍人マンリーとイギリスかぶれの似非紳士ディンブルを対置した恋愛喜劇である。内容にはシェリダンの『悪口学校』の影響が強いが、マンリーに代表されるアメリカ的価値観が賛美されている点などが異なる。