※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラルフ・ウォルド・エマソン
(Ralph Waldo Emerson)
(1803~1882)

略歴

 マサチューセッツ州コンコードに代々続く牧師の家に生まれる。ハーヴァード大学卒業後、コットン・マザーも牧師を務めたボストン第二教会の牧師となった。ところが聖餐式の儀式に反対し、牧師の職を辞することにった。その後、ヨーロッパに渡り、ワーズワースコールリッジカーライルらと交わり、影響を受けた。
 帰国するとコンコードに住み、「自然」についての講演を始める。彼の主意には共鳴する人々が集まり、その中にはソローもいた。彼らは トランセンデンタル・クラブ と呼ばれ、機関紙である『ダイアル』に思想や詩を発表するようになった。彼らの活動は後世の作家や詩人に大きな影響を与えることになった。

作品

 エマソンの著作では『 自然論(Nature,1836)がよく知られている。この中で彼は自然と直接交わることで自然の中に精神の表れを見ようとした。彼の唱えたトランセンデンタリズム(超絶主義)は、人が悟性で理解できるものを超えて、絶対的なもの(神、真理など)を直接的につかもうという思想である。
 また1837年、ハーヴァード大学ファイ・ベータ・カッパ・クラブでの講演である「 アメリカの学者(The American Scholar,1837)も有名である。この中で彼は、アメリカ独自の思想・文学の誕生を呼びかけており、そのことから「アメリカの知的独立宣言」とも呼ばれている。