※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヘンリー・ウォズワス・ロングフェロウ
(Henry Wadsworth Longfellow)
(1807~1882)

略歴

 アメリカの最初の国民詩人と呼ばれるロングフェロウは、メイン州ポートランドに生まれる。ボードン大学で学び、同級生にはホーソーンがいた。生来語学の才に秀でており、同大学の教授職についてからも、欧州へ研究のために旅行し、研鑽に励んだ。後1836年に招かれて、ハーヴァード大学の教授となる。それからはケンブリッジに住んだ。それまでも詩作は行っていたが、1854年に教授職を退職し、著述に専念する。彼は詩作で生計を立てられた、アメリカの最初の詩人でもあった。1861年、二番目の妻が不慮の事故で亡くなると、強い衝撃を受け、生涯その思いを引きずることとなった。1882年、腹膜炎で没する。

作品

 ロングフェロウは古典に造詣が深く、また語学も堪能であったため、様々な詩形・韻律を自由自在に用いることができた。また同時代のホイットマンらとは違い、生前から現在に至るまで、高い評価を得ている。詩の傾向としては、誰にでも理解し易い、穏健な人生観・人生訓を歌った。そのために現在でも広く親しまれている。アメリカに題材を取った物語詩も人気があった。『 エヴェンジェリン(Evangeline,1847)は同名の女主人公の悲恋の物語で、フレンチ・インディアン戦争(1754-63)を背景としている。『 ハイアワサの歌(The Song of Hiawatha,1855)はインディアンを主人公に、『 マイルズ・スタンディッシュの求婚(The Courtship of Miles Standish,1858)は植民地時代の三角関係の物語、『 路傍の宿の物語(Tales of a Wayside Inn,1863-74)は小さな物語詩を集めたものである。またダンテの『神曲』をアメリカで初めて翻訳したことでも有名である。