※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイオン・ブーシコー
(Dion Boucicault)
(1820~1890)

略歴

 アイルランドのダブリン出身。早くから演劇の世界に足を踏み入れ、劇作家としてのデビューの地はロンドンであった。一時期フランスに滞在するも、1853年には渡米、時代をリードする劇作家として活躍する。主にイギリスを始めとしたヨーロッパの作品を下敷きとする、翻案を得意とした。生涯に120本~150本という膨大な作品を手がけ、メロドラマの大家と呼ばれる。また自らが俳優として出演することもあった。さらにアメリカにおける劇作家の地位向上を目指して、1856年の著作権法の成立に尽力した。

作品

 代表作はフランスのメロドラマをアメリカ向けに書き直した『 ニューヨークの貧者(The Poor of New York,1857)や、同時代のアメリカの作家の奴隷問題を扱った小説を翻案した『 オクトルーン(The Octoroon,1859)がある。