※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エリザベス・ギャスケル
(Elizabeth Cleghorn Gaskell)
(1810~1865)

略歴

 ユステニアン派の元牧師の家に生まれた。旧姓はスティーヴンソン。1歳で母を亡くし、伯母の家に引き取られた。その後、父と兄を相次いで亡くすが、21歳で牧師であるウィリアム・ギャスケルと結ばれた。しかし、34歳になってようやく授かった長男が9ヶ月で病死すると、失意のどん底に突き落とされた。ところが失意の中で夫に勧められて書き綴った処女作が、世間で大好評を得、一躍時の人となった。著名な作家たちとも親しく交友を深め、その中にはチャールズ・ディケンズエリオットシャーロット・ブロンテらがいた。55歳の時、当時手がけていた作品の完成間近で、別荘で急死。

作品

 いくつかの長編の他、多数の中短編を書いたが(チャールズ・ディケンズの雑誌で発表されたものも多い)、同時代の巨匠と呼ばれるような作家に比べれば、現在の知名度は必ずしも高くなく、評価もまた似たようなものになっている。その原因はギャスケルが誰もが認めるほど善良ではあっても、強烈な個性に欠けていたせいかもしれない。代表作としては処女作の『 メアリ・バートン(Mary Barton,1848)や『 ルース(Ruth,1853)、『 北と南(North and South,1855)、『 シルヴィアの恋人たち(Sylvia's Lovers,1863)など。また『 シャーロット・ブロンテの生涯The Life of Charlotte Brontë,1857は現在でもブロンテ姉妹の研究の重要な資料となっている。