※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エリザベス・バレット・ブラウニング
(Elizabeth Barrett Browning)
(1806~1861)

略歴

 ダラムの出身。かなりの早熟で、8歳の頃に原語のギリシア語でホメロスを読むほどだったという。ギリシア語とラテン語は独学だった。14歳にして私費ではあったが処女作を出版した。しかし15歳の時、落馬が原因で脊椎を損傷し、以来病弱になり引きこもった生活を送るようになった。1845年、彼女の詩に感動したブラウニングが手紙を送ったことから、二人は互いに好意を抱くようになり、翌年に結婚、イタリアへ駆落ちした。1961年、フィレンツェにてその生涯を閉じた。作品には夫への愛情に満ちた44編のソネット集『 ポルトガル語からのソネット(Sonnets from the Portugese,1850)、9巻からなる大作で社会問題・婦人問題を論じた『 オーロラ・リー(Aurora Leigh,1857)