※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フランシス・ボーモント
(Francis Beaumont)
(1584~1616)

ジョン・フレッチャー
(John Fletcher)
(1579~1625)

略歴

 多くの合作を発表して活躍した劇作家。代表作は『 フィラスター(Philaster,1609)と『 乙女の悲劇(The Maid's Tragedy,1611)など。けして一流ではないものの、巧みで肩の凝らないロマンス喜劇を得意とした。時代の風を読むに敏であったとも言える。
 ボーモント単独の作品には『 女嫌い(The Woman Hater,1606)があり、またフレッチャーはシェイクスピアと『 二人の貴公子(The Two Noble Kinsmen,1612-13)と『 ヘンリー八世(Henry Ⅷ)を合作したとされている。