※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンガス・ウィルソン
(Angus Wilson)
(1913~1991)

略歴

 サセックス州のベックスヒル出身。英国人の父と南アフリカ人の母を持つ。オックスフォードのマートンカレッジで学んだ。その後、大英博物館に勤務。その傍ら小説を書いた。代表作は中年小説家の同性愛の悲劇を描いた『 毒にんじんとその後(Hemlock and After,1952)。他に『 アングロ・サクソンの態度(Anglo-Saxon Attitudes,1956)、『 エリオット夫人の中年(The Middle Age of Mrs. Eliot,1958)、『 動物園の老人たち(The Old Men at the Zoo,1961)などがある。