※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヒュー・シーモア・ウォルポール
(Sir Hugh Seymour Walpole)
(1884~1941)

略歴

 ニュージーランド出身。牧師の子として生まれた。ケンブリッジを卒業後、牧師となった。それまでにも書評を書いたりしていたが、1909年に小説家に転身した。後にサーの称号を授与された。

作品

 『 ペリン氏とトレイル氏(Mr. Perrin and Me. Traill,1909)が処女作。学校教師の生活を描いた。
 『 不屈の魂(Fortitude,1913)
 『 ジェレミー(Jeremy,1919)、『 ジェレミーとハムレット(Jeremy and Hamlet,1923)、『 揺りかごの中のジェレミー(Jeremy at Cradle,1927)は自伝的な長編3部作。
 『 悪漢ヘリズ(Rogue Herries,1930)、『 ジュディエット・パリス(Judith Paris,1931)、『 要塞(The Fortress,1933)、『 ヴァネッサ(Vanessa,1933)は18世紀の放蕩者ヘリズを中心とした200年に渡るある一族の年代記の4部作。