※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョン・オズボーン
(John Osborne)
(1929~1994)

略歴

 ロンドン出身の劇作家。下層階級の出身。大学を中退し地方劇団で俳優をしながら劇作家を目指した。新進劇作家発掘を目的としたイギリス舞台協会に認められ、一躍話題の劇作家となった。 怒れる若者たち (angry young men)の代表格として戦後のイギリスの演劇界を牽引した。しかしながら初期の作品ほどには後期の作品は評価されることはなかった。

作品

 『 怒りを込めて振り返れ(Look Back in Anger,1956)は代表作。下層階級出身の主人公は大学を中退し、結婚して田舎で菓子店をやっている。彼は古い世代や社会の腐敗に対し激しい怒りを覚える一方で羨望しており、またその怒りを妻にぶつけると共に愛していた。戦後の新しい世代の若者を描いて話題となった作品。
 『 寄席芸人(The Entertainer,1957)はローレンス・オリヴィエに依頼、主演した作品。ミュージック・ホールを舞台に、イギリスの過去の栄光への憧憬が描かれている。
 他に『 ポール・スリッキーの世界(The World of Paul Slickey,1959)、『 ルター(Luther,1961)、『 認められぬ証言(Inadmissible Evidence,1964)、『 支払われた負債(A Bond Honoured,1966)アムステルダムのホテル(The Hotel in Amsterdam,1968)など、一作ごとに作風を変えて多くの戯曲を発表したが、初期の作品ほどの評価は得られなかった。