※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルイーズ・アードリック
(Louise Erdrich)
(1954年~ )

略歴

 ミネソタ州リトル・フォールズ出身の作家、詩人。母方はネイティヴ・アメリカンのオジブワ族(あるいはチベワ族)である。ノース・ダコタのインディアン居住区で育った。ダートマス大学で学士、ジョン・ホプキンス大学で修士を取得した。1981年にダートマス大学の教授と結婚し、その後は共著を出版する傍ら実子の他養子も育てたがその後に別居、夫は1997年に自殺してしまった。その後はミネアポリスに住み、バーチバークという書店を経営し、本だけでなくネイティヴ・アメリカンの小物などを販売しているという。ネイティヴ・アメリカン出身の女流作家として活躍した。

作品

 その作品のほとんどがノース・ダコタにある架空の町アーガスを舞台としている。代表作は『 ラヴ・メディシン(Love Medicine,1984)は数編の短編で構成されたある一族の半世紀を描いた大河小説的趣のある作品。その他には同様の手法で書かれた『 ビート・クイーン(The Beat Queen,1986)、『 五人の妻を愛した男(Tales of Burning Love,1996)、『 スピリット島の少女―オジブウェー族の一家の物語(The Birchbark House,1999)は児童文学で、天然痘によって島の住民が死滅した中、ただ一人生き残った赤ん坊が、別の部族に引き取られ、その少女の目を通して先住民の生活や伝統、文化を描いた作品。