※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イーディス・ウォートン
(Edith Wharton)
(1862年~1937年)

略歴

 ニューヨーク出身の女流作家。富裕な名門家庭に生まれ、教育は家庭教師に学んだ。しばしばヨーロッパに旅行して周り、時折帰国するだけであった。。1885年にボストンの銀行家と結婚したが、1912年に離婚し、パリで独居した。その後小説を書き始め、パリで知り合ったジェイムズの勧めで、上流階級を題材とした作品を書き、ピューリッツァー賞を受賞した。短編の名手だったが、長編も高い評価を得た。他に小説論などまとめた評論集、旅行記、自伝なども書いた。

作品

 『 より大きな好み(The Greater Inclination,1899)は処女短編集。その後も数多くの短編集を発表した。『 決断の谷間(The Valley of Decision,1902)は処女長編。18世紀イタリアを舞台とし、進歩的な思想と因習の狭間で揺れ動く青年貴族の苦悩を描いた。
 『 歓喜の家(The House of Mirth,1905)は彼女の代表作の一つで、ニューヨークの上流社会を舞台に玉の輿を狙って破滅する女性を描くことで、自由な精神と社会的な因習の相克を描いた。
 『 イーサン・フロム(Ethan Frome,1911)はニュー・イングランドの農村を舞台とした中編。主人公の農夫は社会の因習と愛欲に捕らわれる男と家族の悲劇を描いた。
 『 国の習慣(The Custom of the Country,1913)はアメリカとフランス両国を舞台としたジェイムズ風の国際テーマを扱った作品。
 『 汚れなき時代(The Age of Innocence,1920)では1870年代ニューヨークの上流社会を舞台に、因習に抗おうとしてかえってその虜になっていく男の悲劇を描いた。この作品によって彼女は女性として初めて、ピューリッツァー賞(文学部門)を受賞した。
 他にも多数作品があるものの1920年以降は、風俗小説と化したとして評価が低い。