※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

H.D.
(H.D.)
(1886年~1961年)

略歴

 ペンシルベニア州出身の女流詩人。本名はヒルダ・ドゥーリトル(Hilda Doolittle)で、筆名としてそのイニシャルを用いた。エズラ・パウンドに出会ったことで文学に目覚め、その後 イマジズム運動 の中心人物の一人として活躍した。その一方で私生活ではイギリスの作家オルディントン(Richard Aldington,1892-1962)と結婚したが、第一次大戦の精神的ショックのために家庭は崩壊してしまった。後にはイマジズムからの脱却へと進んだ。

作品

 イマジズム運動の中心となった彼女であるが、運動自体が理論形成的な意味合いが強かったためもあり、作品自体はあまり知られていない。最も有名なのは『 詩集(Heliodora and Other Poems,1925)であり、またイマジズムからの脱却を志向した『 天使への贈物(Tribute to the Angels,1945)がある。