※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エドワード・エグルストン
(Edward Eggleston)
(1837年~1902年)

略歴

 インディアナ州出身の作家、歴史家。フランスの哲学者テーヌ((Hippolyte Adolphe Taine,1828-1893))の芸術論の影響を受け、小説を社会研究の一部として、地方色を風俗画のように描くことを目指し、アメリカにおけるリアリズム小説の先駆者とされる。他に歴史書も書いた。

作品

 インディアナの農村生活を写実的に描いた作品に、『 インディアナの学校教師(The Hoosier Schoolmaster,1871)、『 ロキシー(Roxy,1878)などがある。