※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルイーザ・メイ・オールコット
(Louisa May Alcott)
(1832年~1888年)

略歴

 ペンシルベニア州出身。父は教育者で超絶主義で有名なエーマス・ブロンソン・オールコット。父やエマソンソローらの教えを受けた。生計のために雑誌に短編を寄稿し、また一時期看護婦として勤務もした。その後、児童文学作家としての名声を確立し、今尚世界中で多くの読者を獲得している。

作品

 代表作は『 若草物語(The Little Women,1868)である。自らの家庭をモデルとした自伝的小説で、児童文学の代表作の一つとして世界中で翻訳されている。