※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハムリン・ガーランド
(Hamlin Garland)
(1860年~1940年)

略歴

 ウィスコンシン州の農家に生まれた。中西部の開拓地を転々として苦しい生活を送った後、ボストンに出て独学で教員となったが、ハウエルズが提唱するリアリズム文学に影響を受け、自らも作家として活動するようになった。しかしその後リアリズムの理論に限界を感じ、単なる事実の描写ではなく、主体性をもって真実を記すべきだと主張するベリティズム(veritism)を掲げた。これは後代の作家に大きな影響を与えることとなった。またピューリッツァー賞を受賞した。一方で農民運動に参加することもあった。

作品

 中西部の農村の生活を描いた短編集に『 本街道(Main-Travelled Roads,1891)、『 大草原の人々(Prairie Folks,1893)などがある。代表的長編に『 ダッチャー家のローズ(Rose of Dutcher's Coolly,1895)がある。
 また自身が提唱したベリティズムに関する評論集『 崩れ行偶像(Crumbling Idols,1894)、ピューリッツァー賞を受賞した『 中部辺境の娘(A Daughter of the Middle Border,1921)などがある。