※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エイブラハム・カーハン
(Abraham Cahan)
(1860年~1951年)

略歴

 ロシア帝国(現在のリトアニアのヴィルナ)出身のユダヤ人作家。祖父はラビ、父はヘブライ語と律法の教師だった。しかし皇帝アレクサンドル2世が社会主義者によって暗殺されると、大規模な弾圧が始まり、カーンはアメリカへと亡命した。ニューヨークで労働運動の主筆および講師となり、イデュッシュ紙『前進』を創刊し、25万人もの読者を獲得した。その後、小説を発表し、映画化もされ好評を得た。また全5巻のイディッシュ語による自伝があり、前半部は英訳されている。

作品

 『 イェクル:ニューヨークのゲットーの物語(Yekl: A Tale of the New York Ghetto,1896)は処女作で、後に映画化された。また『 輸入された花嫁とその他の物語(The Imported Bridegroom, and Other Stories,1898)もまた映画化された。他に『 デイヴィッド・レヴィンスキーの出世(The Rise of David Levinsky,1917)がある。
 また全5巻のイディッシュ語による自伝Bleter fun mayn Lebenは、3巻までが『 エイブラハム・カーハンの教育(The Education of Abraham Cahan)として英訳された。