※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョージ・ピール
(George Peele)
(1557~1596)

略歴

 大学才人の一人。オックスフォードで学んだ。劇作家として、またシェイクスピアマーロゥに次ぐ抒情詩人としても優れた才能を示した。しかし放浪癖があり、放埓な生活を送ったという。作品としてはギリシア神話を基にした『 パリス裁判(The Arraignment of Paris,1584)、諸国を遍歴する騎士が魔物にさらわれた姫を救出する『 老妻物語(The Old Wives' Tale,1590)、『 ダビデ王とベスサベ姫の恋The Love of King David and Fair Bethsabe,1599)などがある。