※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エレン・グラスゴー
(Ellen Glasgow)
(1874年~1945年)

略歴

 ヴァージニア州リッチモンド出身の女流作家。名家に生まれたが、病弱だったために学校教育は受けず、もっぱら文学を読みふけって過ごした。感傷的なロマンスではなく、南北戦争後の南部の現実を赤裸々に描いた作品を次々と発表した。

作品

 代表作は『 不毛の地(Barren Ground,1925)で、寒村でたくましく生きる女性の姿を描いた。
 他に『 人民の声(The Voice of the People,1900)、『 鉄の鉱脈(Vein of Iron,1935)、ピューリッツァー賞を受賞した『 このわれらの生に(In This Our Life,1941)、死後出版の自伝『 内なる女(The Woman Within,1954)がある。