※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロバート・クリーリー
(Robert Creeley)
(1926年~2005年)

略歴

 マサチューセッツ州アーリントン出身の詩人。ハーヴァード大学で一時期学んだものの中退し、国内外を放浪して過ごした。その後、実験大学であるブラック・マウンテン・カレッジで教鞭を取るようになった。それ故に ブラック・マウンテン派 と呼ばれ、その中には他にオルスンダンカンレヴァトフなどがいる。また前衛的な雑誌「ブラック・マウンテン・レビュー」を創刊、編集に携わった。形式に捕らわれず、単音節の言葉を多用した短い詩行が特徴の一つ。詩のテーマは一貫して愛であった。

作品

 『 愛のために 1950~1960(For Love Poems 1950-1960,1962)、『 全詩集(The Collected Poems of Robert Creeley,1982)など多数。