※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョージ・S・カウフマン
(George S Kaufman )
(1889年~1961年)

略歴

 ペンシルベニア州ピッツバーグのドイツ系ユダヤ人の家に生まれた。大学を中退すると様々な職業を経験した後劇作家となった。一作を除いて全てが他作家との合作で、喜劇を得意とした。

作品

 唯一の単独作品は『 成上がり(The Butter and Egg Man,1925)である。代表作としてはモス・ハートとの合作である『 生涯に一度(Once in a Lifetime,1930)、『 それを持っては行かれない(You Can't Take it With You,1936)がある。