※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリヴァー・ゴールドスミス
(Oliver Goldsmith)
(1730年?~1774年)

略歴

 アイルランド出身。父は牧師であった。ダブリン大学を卒業し、当時聖職者になるために必要であった医学を学ぶために欧州に渡るが、結局どこも卒業できず失敗に終わった。その後ロンドンに移住し、生活費を稼ぐために雑誌にエッセイを投稿すると、それが意外にも好評を得た。それから文筆で生計を立てるようになるが、それでも生涯生活は貧しいままだった。ジョンソンの文学クラブの一員でもあった。

作品

 エッセイや小説の他、詩や劇作も手がけた。小説では『 ウェイクフィールドの牧師(The Vicar of Wakefield,1766)が有名だが、むしろ劇作家としての貢献が大きく、衰退期にあった英国の演劇界を束の間の間賑わわせた。『 負けるが勝ち(She Stoops to Conquer,1773)は喜劇で、地方のジェントリ階級の求婚の話に、古典的な人違いの滑稽さを織り交ぜたものである。