※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リチャード・シェリダン
(Richard Brinsley Sheridan)
(1751年~1816年)

略歴

 アイルランド出身の劇作家で、ホイッグ党員でもあった。父はダブリンの王立劇場の俳優兼監督、母は作家であった。ロンドンで劇作家として活動を始め、最初の作品は『 恋がたき(The Rivals,1775)でこれは彼自身の華やかな恋愛体験を基に書かれた。彼の代表作は『 悪口学校(The School for Scandal,1777)であろう。恋愛、求婚に財産問題が絡み合い、さらに相手の兄弟の性格設定(一見真面目そうな兄が偽善者で、放蕩者という評判弟は気立てがよい)が加わり、より複雑なものになっている。そして親戚や友人の悪口が状況をさらに混乱させていく。なお、シェリダン・レ・ファニュ(怪奇小説『カーミラ』の作者)は又甥に当たる。