※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョン・ラスキン
(John Ruskin)
(1819~1900)

略歴

 ヴィクトリア朝期の評論家、美術評論家、美術史家。オックスフォードで学び、その後教員となり、またオックスフォード大学の教授にもなった。ラファエル前派の画家たちと親しく、『 現代画人論(Modern Painters,1843-50)をターナーの芸術を弁護する目的で書き始めたが、次第に構想は拡大していき、絵画、建築、自然と芸術の関係など、美学一般を優れた文体で論じた。また得意とするヨーロッパ建築論の分野では『 建築の7大法則(The Seven Lamps of Architecture,1849)を書き、その中でゴシック建築を賛美した。『 ヴェニスの石(The Stones of Venice,1851-3)ではヴェニスのゴシック建築を論じ、美と善の完全なる融和の可能性を探った。彼からすれば水晶宮(The Crystal Palace)などは愚の骨頂であった。後年は空想的社会主義に傾倒し、ユートピア論を展開した。