※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウィリアム・モリス
(William Morris)
(1834~1896)

略歴

 詩人としてはもちろん、工芸美術、印刷、装丁、染色、織物、壁紙、室内装飾、建築など、多方面で活躍した。ラスキンに多大な影響を受けた。彼の諸作品には、一貫した中世志向が顕著であり、ある種の現実逃避的傾向も見られる。また晩年は空想的社会主義に傾倒した。アーツ・アンド・クラフツ運動の主宰者としても知られている。

作品

 詩人としてはアーサー王伝説を扱った『 グィニヴィア女王の弁護(The Defence of Guinevere,1858)が処女作である。他に『 (,)42000行に及ぶ 王者韻 で書かれた長大な『 地上の楽園(The Earthly Paradise,1868-70)がある。それ以外では、社会主義的な未来の社会を描いた『 ユートピア便り(News from Nowhere,1890)が有名。