※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二期

 この時期はいったん国際テーマを離れ、社会問題や芸術家、心霊小説などの分野を扱っている。またこの時期に劇作に挑戦したが、これは失敗に終わった。
 この時期の作品としては、『 ボストン人(The Bostnians,1886)においてフェミニストを風刺したために世間の非難を浴びた。
 『 カサマシマ公爵夫人(The Princess Casamassima,1886)では社会主義革命家の青年と、その運動に身を投じようとする公爵夫人を主人公とした異色作。
 そして心霊小説として知られる『 ねじの回転(The Turn of the Screw,1898)、芸術家ものとしては『 アスパンの恋文(The Aspern Papers,1888)などがある。