還らぬ花嫁


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『還らぬ花嫁<ぎんのはなびら>』




そして 空へと 落ちて



(長身痩躯(やせぎす)の<男>。血走った瞳(め)。Uriel Underwood……)



やがて 紅 抱いて



(……忌まわしき記憶。暁の教会。鳴り響く『祝福の福音(ウェディングベル)』)



灯す 瞳は 深く



(霞む足取り。はためく外套(コート)。虚空で踊る手……)



霞む 黄昏 照らす



(……微笑む君。幸せな時間(とき)。色づく世界)



刃 潜めて 踊る



(瞳には狂喜。手には凶器。背には狂気……)



揺れる 陽炎 溶けて



(……開け放たれた扉。差し込む陽光。飛び込んだ影)



礫 逆巻き 永久へ



(街を歩く殺意。夜に溶ける翼。闇に潜る……)



消えぬ 罪悪 背負い



(……迸る銀光。くず折れる君。過ぎ去って行く笑い声)



罪を 巡って 夜へ



(昏い森を抜ける。険しい山を越える。冷たい雑踏を渡る……)



目指す 夜明けは 蒼く



(……愛しい名を呼ぶ。紅く塗れた君。遠ざかる『うたかたの音色(ウェディングベル)』)



辿り 導を そして……



嗚呼
世界は やがて 形を変えて
<男>は やがて 望みを叶え
嗚呼
消えない 痛み 胸に抱いて
消せない 罪を この手に宿し
嗚呼
優しい 記憶(とき)を 歌って欲しい
オネガイ ドウカ カナシマナイデ と……



(町外れの古びた教会。扉が開け放たれる。
 中にいたのは二人の男女。
 狂った<聖人>。壊れた<人形>。
 <男>、狂った笑みを浮かべながら駆け出し、冷めた目の<聖人>の懐へ――)



(紅く湿った音……荒々しい足音……零れる命を、<聖人>は呆然と見つめていた……)