予言者の歌


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

予言者の歌


(蒼を宿した瞳を瞑り歌う<少女>の口は、今尚<彼>に真実を語る)



謳え詠え<少女>よ 偽らざる嘘の紅さを
織りなす呻きは届かず 喚起は闇を遮れぬ
積み重ねた業は 深く白い黒が染め
砕けた理想を繋げた 罅割れた硝子は濁るだけ



吠えろ吼えろ<真理>を まやかしの夢の蒼さを
紡いだ叫びは殺され 歓喜は民を狂わせた
築き上げた虚飾は 高く清い空想が栄え
伸ばした手が掴むのは 歪んだ希望の信仰



幾万もの愚者を率いて 奈落へと笑いながら向かう



讃えよ我らが<預言者> 望み絶ゆるなら因を断てよ
讃えよ我らが<少女> 祈り果てるなら神をも裁てよ



『<真理>は謳う!迷いを絶てと!』
(私が謳う<真理>はここには無いのです…私が謳うのは貴方への呪い…)



絶てよ断てよ<真理>を まやかしの夢の紅さを紡いだ叫びは殺され 喚起の民は狂い行く
築き上げた虚飾は 淡く蒼い無明と知り
伸ばした手が掴むのは 救えぬ反旗の進行



殺めよ我らが<預言者> 望み絶ゆるなら因から断てよ
殺めよ我らが<狂気> 心亡くすなら神をも裁てよ



『…消え行く者の手を取らば…それはいつか己が報いとなろう…
…欺く者に背を向かば…それはいつか己が報いとなろう…
…君が取るのは紅か蒼か…我らに等しく裁きの朝は来る…』



(闇を宿した眼窩の奥で、髑髏の声は今尚黄昏に愚者を惑わす)