紅き血と蒼き血


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅き血と蒼き血


[銃声。化け物の断末魔の叫び。倒れる音。やや間が空き、人々の歓声とファンファーレ]



(英雄万歳! 英雄万歳!(Heros hurray! Heros hurray!:エローユハイ))



[ファンファーレと歓声に重ねるようにして]



(英雄、Michael Cross。:ミカエル クロス
齢13にして、かつて我が国が最大の異物としていた『蒼き血の化け物(Sang bleu:サン ブルー)』を、初めて倒した少年。
彼がいなければ、我らはかの化け物を撲滅出来なかっただろう。
これは、そんな英雄の、今は死した英雄の、物語――)



[次第に歪んでいく、ファンファーレと歓声。
やがて断末魔の悲鳴のような調子になり、完全に高まったところで、一気に静かになる。
先ほどまでの派手なものではなく、素朴なものになる音楽]



幼いころから 僕は一人だった
「君は<肌の色(Couleur:クルー)>が違うから、友達にはなれないよ」 それが彼らの常套句
弱者(Faible:セブル)のにおいを嗅ぎ分ける獣(Bete:ブート)



いつもずっと 君も一人だった
「僕は<血の色(Couleur:クルー)>が違うから、友達にはなれないよ」 それが君の言い訳
そんなことなんて 問題じゃない
唯僕は 嗚呼 君と友達になりたかったんだ




<肌の色(Couleur:クルー)> <目の色(Couleur:クルー)> 
そんな違い なんて些細なこと
<髪の色(Couleur:クルー)> <血の色(Couleur:クルー)>
違いに 目を眩まされてはいけない



嗚呼 世界の色(Couleur:クルー)は なんて美しい
生きているものは 唯 そこに存在(い)るだけで 美しい色(Couleur:クルー)を持つ




僕と君は 友達になった
森を分け入り木の実採り 川に入って魚釣り
本当によく 遊んだよね
遊んだ後は 夕日の色(Couleur:クルー)が とても美しかった
こんな日が 続けばいいと 思ってた
でも――




[急に静かになる、素朴な音楽]




[書の魔獣みたいに、「」のパートは「君」が早口気味で。(嘘だ)はその裏打ち。だんだん恐慌状態になって、音が大きくなっていく]



                   「彼らは僕たちを罵った」
(嘘だ(C'est mensonge:セ マンソンジュ))
                   「彼らは僕たちを傷つけた」
(嘘だ(C'est mensonge:セ マンソンジュ))
                   「<肌/血の色(Couleur)>が違うと僕たちを虐めた」
(嘘だ(C'est mensonge:セ マンソンジュ))
                   「だから僕は戦ったんだ」
(嘘だ(C'est mensonge:セ マンソンジュ))
                   「僕たちの為に戦ったんだ」



「嘘だあああッ!!!」



[Michaelの絶叫が響く。メタルアレンジに変わる曲]



<肌の色(Couleur:クルー)> <目の色(Couleur:クルー)> 
そんな違い なんて些細なこと?
<髪の色(Couleur:クルー)> <血の色(Couleur:クルー)>
違いに 目を眩まされてはいけない?
問題となるべきは 個の性質
例え全てが同じだとしても 性質が歪んでいれば――




[銃声。「君」の叫び。倒れる音。やや間が空き、歪んだ人々の歓声とファンファーレ]



(一体、Michaelは何を見たのか。それは、折り重なって倒れた少年たちだった。
そして、緋い<血(Sang:サン)>を纏った、『蒼き血の化け物(Sang bleu:サン ブルー)』。
彼は果敢にも勇気を振り絞り、銀の弾丸(Balle d'argent:ヴァル ダルジャン)を放った。
倒れる怪物。撒き散らされる蒼き血(Sang bleu:サン ブルー)。
それが切欠となり、人々は揃って化け物退治へと乗り出した――)



[オルゴール調の静かな音楽に変わる]



(英雄Michael Cross:ミカエル クロス。享年、13歳。死因は、心因性衰弱。
彼が最期に残した言葉は、次のようなものだと伝わっている――)




僕は唯 世界を守りたかっただけだ
故に僕は 怪物を殺した
僕は 英雄になったんだ
罰せられるべきは 彼だ



[上のパートに重ねるようにして。沈んだ歌姫みたいに左右からでもいいかも]
僕は唯 自分を守りたかっただけだ
故に僕は 友達を殺した
僕は 罪人になったんだ
罰せられるべきは 僕だ